一期一会 ~素敵な情報をお届け~

訪問してくださった方々に感謝。少しでもお役立ちできたら幸いです。

生活の知恵・豆知識

土用の丑の日2017・2018いつ?食べ物がうなぎ以外でもOK?

投稿日:2017年6月30日 更新日:

土用の丑の日 食べ物

土用の丑(うし)の日と言えば、「鰻(うなぎ)を食べる日!」という覚え方をしている方が多いと思います。私がそのうちの一人です(笑)。

うなぎが大好きな私は「土用の丑の日」「土用の鰻の日」だったか、迷うこともありますから(笑)。

さて、年に1回か2回ほどある「土用の丑の日」は、最近では少しその風習も薄れてきたかもしれませんが、スーパーに行ったり、配られるチラシなどを見ていると、「土用の丑の日は○月○日!鰻が安い!」「土用の丑の日はうなぎの日!」などの言葉が踊りますので、まだまだ土用の丑の日は健在です。

そんな土用の丑の日は2017年はいつなのか?2018年はいつなのか?紹介します。

また、土用の丑の日にうなぎを食べるようになった由来と意味、そして、うなぎ以外にも実は土用の丑の日に相応しい食べ物がありますので、そちらも紹介していきますね。

スポンサーリンク
  

土用の丑の日2017年・2018年はいつ?

さて土用の丑の日ですが、2017年は2日あります!

2017年の土用の丑の日

2017年7月25日(火)、8月6日(日)の2回ですね。

土用に丑の日が2回あるときは、「やった!2回もうなぎを食べられる!」と昔は思っていたのですが、今となっては「2回も高いうなぎを家族に食べさせてあげないといけない…」という思考に変化しています(苦笑)。

年に1回だったり、2回だったりする土用の丑の日ですが、2回あるときは、初めを一の丑、2回目を二の丑と呼びます。

2017年の場合は、7月25日(火)が一の丑、8月6日(日)が二の丑です。

2018年の土用の丑の日

2018年の土用の丑の日も2回ありますね。

7月20日(金)が一の丑、8月1日(水)が二の丑です。

土用の丑の日の由来と意味

土用の丑の日という日ができた由来と意味を紹介します。

土用の丑の日は春・夏・秋・冬ある?

土用の丑の日は、正式には夏だけではなく、春・夏・秋・冬ありまして、世間で言うところの「土曜の丑の日」は「夏の土用」なのです。

土用の丑の日の由来と意味

まず「土用」って何なのでしょうか?

土用とは、昔の暦の思想の中の一つで、四立(しりゅう)の直前にあたる約18日間のことで、四立とは立夏・立秋・立冬・立春です。

その約18日間の中で、十二支の「丑(うし)」の日にあたる日を土用の丑の日と言い、世間で言うところの「土用の丑の日」は、立秋の約18日間の丑の日で、夏の土用のことを指しています。

スポンサーリンク

土用の丑の日にうなぎを食べる由来と意味

さて、土用の丑の日にうなぎを食べるようになった由来は何なのでしょうか?どんな意味があるのでしょうか?

諸説ありますが、紹介させていただきます。

平賀源内説

江戸時代中期1700年代中頃の発明家、平賀源内の提案から始まったとされる説です。

知り合いである鰻屋さんが客入りが悪い夏の日に平賀源内に相談を持ちかけたところ、「本日丑の日」と貼り紙をすれば良い、とのアドバイス。

それ以降、その鰻屋さんは非常に繁盛したため、他のお店でも真似るようになり、「土用の丑の日は鰻を食べる」ということになったという説です。

平賀源内説の中でも、細かい違いがあるのですが、大筋はこのようなところです。

うなぎで夏を乗り切る説

7世紀後半から8世紀後半に編まれた現存最古の和歌集である万葉集や、江戸時代後期の『明和誌』にも書かれているのが、夏の暑い季節を乗り切るため、ビタミンA・B1・DHAなどの栄養価が非常に高いウナギを食べるという習慣があったそうです。(もっとも当時は「鰻にはDHAが含まれている!」などという根拠は無かったでしょうが)

私も「暑い夏の日はうなぎを食べて元気を出す」のようなことを祖母から聞いた覚えがあります。

祖母から聞いたのも30年近く前の話なので、現在と比べると飽食(ほうしょく)ではなかったかもしれませんが、それでも食べ物に不自由はしていませんでしたから、うなぎを食べなくても夏は乗りきれますが、昔からの風習や由来って、なるべく大事にしたいですね。

今は通販でうなぎを買えちゃいますから、チェックしてみて下さいね~!

岐阜鰻たむろ極ギフト用2尾 ウナギ蒲焼き 送料無料 行列の人気うなぎ屋

楽天市場で「うなぎ」をチェック

土用の丑の日の食べ物はうなぎ以外でもOK?

土用の丑の日にうなぎを食べるようになった由来と意味を紹介しましたが、実は、うなぎ以外でも相応しい食べ物が他にもあるのです。

昔から「う」の付く食べ物は、夏バテしない、夏に負けないとされていたようですね。どんな食べ物かと言いますと「瓜(うり)」「梅干(うめぼし)」「うどん」「牛肉(うし)」「馬肉(うま)」「うさぎ」などです。

現在はうさぎを食べるのは不可能かもしれませんが、「肉うどんに梅干を添えて」みたいな感じのメニューも、土用の丑の日には良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

土用の丑の日について、また、うなぎを食べるようになった由来と意味、土用の丑の日にうなぎ以外でも相応しい食べ物を紹介しました。

昔からの伝統の由来や意味を知ると、すごく理に適ったものが多く、非常に勉強になりますね。先人の知恵を大切にしながら、生活していきたいものですね。

スポンサーリンク

-生活の知恵・豆知識
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ベジタリアン

ベジタリアンとは?健康上の問題は?実際のところ寿命はどうなの?

ベジタリアンって言葉、聞いたことがあるかと思います。 日本語では「菜食主義者」という言葉で表します。私の浅い見解としては「野菜しか食べない人」っていうイメージです。 ところが、テレビ番組で小籔千豊さん …

夏野菜カレー

夏野菜カレーの具材の定番は?そもそも何が夏野菜?ひき肉が合う?

夏野菜カレー、お好きですか?私はカレーの中でも1,2を争うくらい大好きです! ただ、夏野菜カレーなんていう言葉は、私が小さい頃にはありませんでした。「夏野菜」という言葉ももしかしたら無かったかもしれま …

足 つる

足がつる原因は何?朝に足がつった時の応急処置と根本的な治し方

「足がつる」という現象、皆さんも今までに一度は体験したことがあると思います。 よくあるのは、朝方に急に足のふくらはぎに激痛が走り、飛び起きて足の指に手を伸ばして、自分側へ引っ張るという応急処置をします …

先負 葬式

先負の意味・読み方とは?先負のお葬式・お通夜は大丈夫?

「先負」っていう言葉を目にしたことはあると思います。カレンダーの中に書かれていますよね。 先負の他にも「仏滅」「大安」「赤口」「先勝」「友引」があり、これらを六曜と呼ばれていて、中国が発祥の現代でいう …

冷凍庫 霜 対策

冷蔵庫や冷凍庫の霜はなぜできる?ドライヤーで取れる?霜の対策は?

冷蔵庫や冷凍庫に霜が山ほどできて、口が半分以下になっている光景、よくありますよね? 最近の冷蔵庫や冷凍庫は霜取り機能付きのものが販売されていて、あまり馴染みが無いかもしれませんが、我が家で使用している …