一期一会 ~素敵な情報をお届け~

訪問してくださった方々に感謝。少しでもお役立ちできたら幸いです。

将棋

佐々木勇気とは?藤井聡太を止めたイケメン棋士戦績・経歴

投稿日:2017年7月3日 更新日:

佐々木勇気

藤井聡太四段が初めて負けを喫し、連勝が遂にストップしました。

プロデビュー以来、日本将棋界の新記録となる29連勝という破竹の勢いで勝ちに勝っていた藤井聡太四段でしたが、佐々木勇気五段に敗れ、連勝は『29』でストップしてしまいました。

『藤井聡太を止めた男』として一気に脚光を浴びることになった佐々木勇気さんですが、メディアでは「イケメン棋士」という取り上げ方が大々的でした。確かにイケメン棋士ですね。

スイスのジュネーブ生まれというプロ棋士、佐々木勇気さんのこれまでの道のり、そして「相手が強ければ強いほど燃える」という佐々木勇気さんの戦績を紹介します。

スポンサーリンク
  

佐々木勇気の経歴・戦績

藤井聡太さんを撃破して、一気に脚光を浴びる形となった佐々木勇気さん。このページでも、ググッと注目していきたいと思います。

佐々木勇気プロフィール

佐々木勇気さんのプロフィールを簡単に紹介しますね。2017年7月3日現在のプロフィールです。

1994年8月5日生まれの22歳

プロ棋士になったのは、2010年10月1日で当時16歳で、棋士番号280です。

出身地は、埼玉県三郷市と紹介されていますが、佐々木勇気さんが産声を上げたのはスイスのジュネーブで、2歳まではフランスで育てられ、5歳の時から日本で育ち、その頃から将棋をやり始めたようですね。

師匠は、石田和雄九段で、現在の佐々木勇気さんの段位は五段です。

現在のところタイトルは持っていませんが、2013年に加古川青流戦(かこがわせいりゅうせん)で優勝しました(当時四段)。

佐々木勇気の戦績

佐々木勇気さんの戦績を紹介します。(2017年7月3日現在の戦績で、以降紹介する戦績やタイトル位、段位なども全て同日のものです。)

通算209勝98敗
勝率.681

勝率が非常に高いですね。今後、強い棋士たちと当たることも多くなるでしょうから、この勝率をキープできるようなら、スゴイです。

【参考】
渡辺明竜王(棋王):勝率.663
佐藤天彦名人:勝率.698
羽生善治三冠(王位・王座・棋聖):勝率.715

さて、佐々木勇気さんがプロ棋士になって以降の年度別の戦績はコチラです。それぞれの年の4月から3月の戦績です。
例:2016年 → 2016年4月~2017年3月

2017年:8勝2敗
2016年:46勝19敗
2015年:34勝13敗
2014年:29勝18敗
2013年:35勝14敗
2012年:27勝14敗
2011年:26勝14敗
2010年:4勝4敗

2016年はタイトル保持者に次々と勝利したり、10連勝を記録したりなど活躍が目覚ましかったです。

佐々木勇気さんを知る棋士は口を揃えて言います。「彼は、相手が強ければ強いほど燃えるタイプ」だと。その証拠を次で紹介しますね。

スポンサーリンク

佐々木勇気【三冠・竜王・名人に勝利】

「相手が強ければ強いほど燃えるタイプ」と言われる佐々木勇気さんが、最も勢いに乗る藤井聡太さんを止めたのは、ただの偶然ではないでしょう。竜王や名人などのタイトルを持っている棋士との戦いも、佐々木勇気さんは燃えるタイプのようです。

2016年の第42期棋王戦での活躍は目を見張るものがありました。

挑戦者決定トーナメントの2回戦、羽生善治三冠に勝利し、準決勝で佐藤天彦名人に勝利した後、敗者復活戦でも佐藤天彦名人を下して、挑戦者決定戦まで駒を進めました。

羽生善治三冠に勝利して、佐藤天彦名人に2度勝利したこともあり、一気に渡辺明竜王(棋王)への挑戦権を獲得するかと思われましたが、千田翔太五段に阻まれました。奇しくも、佐々木勇気さんが優勝した加古川青流戦の決勝戦の相手は千田翔太さんでした。

渡辺明竜王(棋王)への挑戦権を佐々木勇気さんが獲得していたら、面白いことになっていたかもしれません。2017年4月11日の第58期王位戦の挑戦者決定リーグ、白組の3回戦で勝利しましたし、過去にも2014年のNHK杯で佐々木勇気さんは勝利しています。

【対戦時タイトル保持棋士との対戦成績】
羽生善治:1勝0敗
渡辺明:2勝0敗
佐藤天彦:2勝1敗
森内俊之:0勝1敗

佐々木勇気さんが「相手が強ければ強いほど燃えるタイプ」と言われる所以ですね。

佐々木勇気の竜王戦の今後

佐々木勇気さんが藤井聡太さんに勝利して、竜王戦で次に駒を進めましたが、渡辺明竜王への道のりまでは強敵がズラリと顔を並べます。

次戦は阿久津主税八段、その次は久保利明王将、次は松尾歩八段、そして、決勝三番勝負では羽生善治三冠と顔を合わせる可能性があります。勝てば、渡辺明竜王と竜王戦七番勝負です。

1987年の竜王戦第1期の開始以来、歴代1位の9連覇、歴代1位の11期を保持している渡辺明竜王。佐々木勇気さんが過去に2連勝しているとはいえ、竜王戦の渡辺明さんの強さは尋常ではありません。

佐々木勇気さんが一気に駆け抜けるのか、それとも歴戦の棋士たちが阻むのか。

今後も注目ですね!

スポンサーリンク

まとめ

藤井聡太さんに勝利したことで一躍注目を浴びることになった佐々木勇気さんについて、戦績やプロフィール、相手が強ければ強いほど燃えるタイプだということを紹介しました。

次から次へと若い実力者が出てくる将棋界、佐々木勇気さん、藤井聡太さんらの若手棋士たちの活躍、それを阻むベテラン棋士たちの活躍にも注目ですね!

スポンサーリンク

-将棋
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

将棋 永世 条件 難易度

将棋タイトル永世称号とは?条件や資格・永世称号保持者は?

羽生善治棋聖が2017年12月5日、第30期竜王戦第5局で、渡辺明竜王を下して竜王タイトルを奪取して「永世竜王」となり、「前人未到の永世七冠を達成する」というニュースが流れましたね。 将棋を知らない人 …

将棋 タイトル 序列

将棋タイトル竜王と名人は特別?将棋のタイトルの序列は?

将棋に大きな注目が集まっていますね。子どもたちが将棋教室へ通い始めるようになるなど、将棋がブームになりつつあります。 藤井聡太さんのデビュー以来29連勝という大躍進があり、将棋への注目度がものすごく高 …