一期一会 ~素敵な情報をお届け~

訪問してくださった方々に感謝。少しでもお役立ちできたら幸いです。

花火大会

足立の花火2017の有料席チケットの取り方と無料の穴場

投稿日:2017年7月10日 更新日:

足立の花火 2017 チケット

足立の花火の季節ですね!2017年、第39回を迎える足立の花火です。

足立の花火の公式ホームページで協賛という形でチケットの販売がされていましたが、申し込み期限は5月10日まででしたので、もうすでに終了してしまっています…。

「お金を出してでもゆったりと足立の花火を見たかった…」というアナタに、足立の花火の有料席のチケットの購入方法をお伝えします。

2017年7月10日現在でも、まだ間に合います!

チケットの購入を考えていたけど、やっぱり無料にしようかなと思うかもしれませんので、無料でもキレイに花火が見える穴場スポットも紹介しちゃいます。

足立の花火2017の打ち上げ場所、アクセス方法も併せて紹介しますね~。

スポンサーリンク
  

足立の花火2017の有料席チケット購入方法

足立の花火2017のチケットの購入方法をお伝えします。まだチャンスは残っています!

協賛チケットはもう完売

チケットを購入するという形ではなく、足立の花火への協賛(花火打ち上げにかかる費用に充てる)を募集するという形で、1口3,000円を協賛としてお金を払うと、チケットがもらえるという仕組みでチケットを入手できたのですが、2017年5月10日に締め切られてしまいました…。

チケットぴあで有料席チケットが残りわずか!

プレイガイドのチケットぴあで、有料席チケットが販売されています!

シングル席(1名):5,000円
ベンチ席(3名まで):9,000円
テーブル席(4名まで):16,000円

協賛で手に入るチケットより少し割高にはなりますが、ゆったりと有料席で足立の花火を鑑賞したい方は、チケットぴあで有料席チケットを購入するのもアリでしょう。

チケットキャンプでチケットを落札する

チケット売買サイトの『チケキャン』こと【チケットキャンプ】で、足立の花火2017の有料席チケットが出品されています。

賛否両論のあるチケットキャンプですが、あくまで「足立の花火2017のチケットを手に入れることができる」ということをお伝えしたかったので、紹介させていただきました。

チケットキャンプをご利用する際は、自己責任でよろしくお願いしますね!

足立の花火2017を無料で見る穴場スポットは?

「足立の花火2017の有料席が手に入らなかった…」
「チケットの価格を見て有料席はあきらめた…」

そんな時は、有料席ほどとまではいきませんが、無料でもキレイに足立の花火を鑑賞できる穴場スポットを紹介します。

有料席とは違いゆったりと見ることはできませんが、無料なわけですから多少目をつむりましょうね!

無料穴場スポットは、場所取りの際にトラブルになる可能性があります。楽しい足立の花火に水をさすような行為はやめて、マナーを守るようにしましょう。

もちろん、ゴミのポイ捨てなどは厳禁ですよ!

梅島・西新井側の河川敷

混雑はありますが、何と言っても、足立の花火のハイライトである「ナイアガラの滝」を切れずに見ることができる穴場スポットです。

扇橋大橋付近

この穴場スポットは、打ち上げ場所である荒川河川敷から若干距離はありますが、
それでも十二分に花火を堪能することができますし、
「近すぎると見上げなくちゃいけないから首が疲れる」という方にはおススメです。

打ち上げ会場付近よりも混雑は多少少ないので、その点のメリットもありますね。

虹の広場

打ち上げ会場からは若干離れますが、先ほど紹介した扇橋大橋付近ほどは離れていません。

花火を見るときに橋などが少し重なってしまうというデメリットはありますが、それでも十分美しい花火を堪能できますし、打ち上げ会場ほどの人ごみでは無い穴場スポットです。

スポンサーリンク

足立の花火2017の打ち上げ場所・アクセス方法

足立の花火2017の基本情報をお伝えします。

日程・打ち上げ場所

日程:2017年7月22日(土)
時間:19時半~20時半
動員数:約60万人
打ち上げ数:約12,000発
打ち上げ場所:荒川河川敷(西新井橋~千代田線鉄橋間の千住側)

1時間に約12,000発の花火を打ち上げ切るという怒涛の花火ラッシュが有名な、足立の花火。スターマインを始め、小型煙火やナイアガラ、満開のしだれ桜は足立の花火の醍醐味です。

足立の花火2017のアクセス方法

足立の花火2017の打ち上げ場所である荒川河川敷へのアクセス方法です。

最寄駅は、北千住駅、五反野駅ですが、行きの場合は15時前後に混み始めます。早めに到着できるようにしてくださいね。

また帰りは、行きに分散してやってくる人たちが一気に帰るので、最寄駅である北千住駅、五反野駅の利用はおススメできません。体調が悪くなったり、事故が起こる可能性もあります。

北に向かうなら梅島駅、南なら千住大橋駅まで歩く方が安全ですし、むしろ早いかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

足立の花火2017の有料席のチケット情報、無料の穴場スポット情報、アクセス方法などを紹介しました。

夏と言えば花火大会!

足立の花火を2017年は堪能してくださいね!

スポンサーリンク

-花火大会
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

流山花火大会 有料席 チケット

流山花火大会2017の有料席チケット・アクセス・屋台村情報

流山花火大会が2017年も開催されますね! 流山花火大会は2017年で第41回を迎えます。 花火の打上げ場所は、千葉県流山市流山3丁目辺りの江戸川河川敷です。 花火の打ち上げ日程と時間は、 2017年 …

みなとこうべ海上花火大会 穴場

みなとこうべ海上花火大会の地元民のみが知る無料穴場!

みなとこうべ海上花火大会が2017年も華々しく開催されますね! 2017年の開催で第47回目を迎える「みなとこうべ海上花火大会」は、地元の兵庫県神戸市以外の他府県からも多くの見物客の方々がやってきて、 …

神宮外苑花火大会 2017 チケット

神宮外苑花火大会2017チケットの取り方・無料穴場スポット

神宮外苑花火大会が2017年も開催されますね! 東日本大震災・熊本地震の復興チャリティー、神宮外苑花火大会は、真夏の東京の夜空を約12,000発の花火が美しく彩り、豪華なアーティストたちがそれぞれの会 …

三郷花火大会 有料席 チケット

三郷花火大会の有料席チケット取り方とアクセス・屋台情報

三郷花火大会こと「みさとサマーフェスティバル花火大会」が2017年も開催されますね! 三郷花火大会は2017年で第14回目を迎える、音楽と花火の美しい競演が見所で、江戸川を挟んだ向こう岸(千葉県流山市 …

多摩川花火大会 有料席 チケット

多摩川花火大会2017有料席チケットの取り方とアクセス方法

多摩川花火大会が2017年も開催されますね! 2017年で第76回目を迎える伝統ある多摩川花火大会の正式名称が「第76回川崎市制記念多摩川花火大会」です。 打ち上げ場所 ⇒ 文字通り多摩川の河川敷(川 …