一期一会 ~素敵な情報をお届け~

訪問してくださった方々に感謝。少しでもお役立ちできたら幸いです。

花火大会

いたばし花火大会の有料席おすすめは?位置と口コミ情報

投稿日:2017年7月21日 更新日:

いたばし花火大会 アクセス

いたばし花火大会が2017年も例年通りに開催されますね!

東京都板橋区の荒川河川敷が打ち上げ場所となる「いたばし花火大会」は、無料で観覧することももちろんできますが、目玉花火でもある「大ナイアガラの滝」「尺五寸玉」を間近で真正面で体感するには、チケットの購入が必要な有料席を確保することが必須です。

いたばし花火大会2017の日程は、
2017年8月5日(土)19時~20時半
(荒天の場合、6日に順延)

打ち上げる花火の数は、およそ12,000発です。

いたばし花火大会の有料席は、数種類ありまして、有料席といえど「大ナイアガラの滝」を正面で見ることができない席もあります。

それでも、席が確保できていますから、安心して現地まで行くことができますね。

無料の穴場スポットを確保して、いかにお得にいたばし花火大会2017を堪能するか、というのも醍醐味ではありますが、有料席を確保してゆったりした心持ちで鑑賞するのも、いいでしょうね。

いたばし花火大会 2017 チケットの取り方

このページでは、

・数多くある「いたばし花火大会」の席の特徴
・どのような位置から花火を見ることになるのか
・それぞれの有料席にたどり着くための最寄り駅
・それぞれの有料席のチケットの価格

を紹介します。

いたばし花火大会2017の有料席のチケット購入を検討されているなら、ぜひぜひ、参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

いたばし花火大会2017有料席チケットの価格と席の位置

いたばし花火大会2017で用意されている有料観覧席の価格や特徴、アクセス(最寄り駅)を紹介します。

しっかりと吟味して、ご自身に合った有料席を選ぶようにしてくださいね。

いたばし花火大会2017の陸上競技場席

いたばし花火大会 陸上競技場席
【最寄り駅】
都営地下鉄三田線の「西台」駅から、徒歩で20~25分

打ち上げ場所に非常に近いことと、フードコートが出店されていることが最大のメリット。目の前で広がる花火の数々を堪能してください。

・陸上競技場テーブル付き席
⇒ 28,000円(4席分・4枚1組)

・陸上競技場イス席
⇒ 3,600円(1席分)

・陸上競技場グループ席
⇒ 28,800円(8席分・8枚1組)

陸上競技場テーブル付き席は、丸テーブルをひじ掛け付き椅子4席で囲む形の配置です。

陸上競技場イス席は、ズラッと並べられたパイプ椅子に座っての観覧です。

陸上競技場グループ席は、用意されているブルーシートの上に座っての観覧です。

いたばし花火大会2017のプライムシート

いたばし花火大会 プライムシート
【最寄り駅】
都営地下鉄三田線の西台駅から、徒歩で20~25分
都営地下鉄三田線の蓮根駅から、徒歩で20~25分

いたばし花火大会のいわゆる「特等席」です。大ナイアガラの滝はもちろんのこと、全ての花火が目の前に広がります!厳密には位置は8、9、そして10の左半分です。

プライムシート ⇒ 5,000円(1席分)

打ち上げ場所の真正面にある石段の階段に用意されている「エコクッション」をお尻に敷いての観覧です。

スポンサーリンク

いたばし花火大会2017のS席

いたばし花火大会 S席
【最寄り駅】
7エリア ⇒ 都営地下鉄三田線 西台駅すぐ
10~13エリア
都営地下鉄三田線の「蓮根」駅から、徒歩で20~25分
JR埼京線の「浮間舟渡」駅から、徒歩で20~25分

プライムシートに比べると中央からは外れますが、大ナイアガラの滝をほぼ正面で鑑賞できます。7と10の右半分~13の左3分の1です。

S席 ⇒ 3,100円(1席分)

グループS席 ⇒ 24,800円(8席分・8枚1組)

S席は、階段状の土手に用意されている「エコクッション」をお尻に敷いての観覧です。

グループS席は、斜めになった芝の土手に用意されている「エコクッション」「ブルーシート」を敷いての観覧です。ブルーシートは8人が悠々座ることができる(360cm×270cm)サイズです。

いたばし花火大会2017のA席・芝生斜面席・ボックス席

いたばし花火大会 A席
【最寄り駅】
5~6エリア
⇒ 都営地下鉄三田線の「西台」駅から徒歩約20分
13エリア
⇒ 都営地下鉄三田線の「蓮根」駅から、徒歩で20~25分
JR埼京線の「浮間舟渡」駅から、徒歩で20~25分

このクラスの席になると大ナイアガラの滝は多少見づらくなりますが、他の花火は十分楽しめます。5、6と13の中央3分の1です。

A席 ⇒ 2,600円(1席分)

グループA席 ⇒ 20,800円(8席分・8枚1組)

芝生斜面グループ席
⇒ 20,800円 段ボールイス(8席分・8枚1組)

ボックス席 ⇒ 10,400円(4席分・4枚1組)

A席は、S席と同様で、階段状の土手に用意されている「エコクッション」をお尻に敷いての観覧です。

グループA席は、グループS席と同様で、斜めになった芝の土手に用意されている「エコクッション」「ブルーシート」を敷いての観覧です。用意されるブルーシートの大きなも同じです。

芝生斜面グループ席は、芝生の斜面に用意されている「専用段ボールイス」を組み立てて座る形になります。段ボールイスの上に座るのもよし、小さいシートや座布団を持参して、段ボールイスをテーブルにするもよしです。

ボックス席は、2人横並びの上下(前後)2列の配置で、上から見たら4人で正方形を作る感じで座ります。階段状の座席で、用意された「エコクッション」をお尻に敷いての観覧です。

スポンサーリンク

いたばし花火大会2017のB席

いたばし花火大会 B席
【最寄り駅】
都営地下鉄三田線の「蓮根」駅から、徒歩で20~25分
JR埼京線の「浮間舟渡」駅から、徒歩で20~25分

大ナイアガラの滝はかなり距離がありますが、他の花火は十分に楽しめます。13の右3分の1です。

B席 ⇒ 2,100円(1席分)

B席は、S席・A席と同様で、階段状の土手に用意されている「エコクッション」をお尻に敷いての観覧です。

いたばし花火大会2017のチケットの取り方

まとめ

いたばし花火大会2017の有料席について、
・数多くある「いたばし花火大会」の席の特徴
・どのような位置から花火を見ることになるのか
・それぞれの有料席にたどり着くための最寄り駅
・それぞれの有料席のチケットの価格
を紹介しました。

他にも、虫刺されの対策などしっかりとするようにしてくださいね!

スポンサーリンク

-花火大会
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

流山花火大会 有料席 チケット

流山花火大会2017の有料席チケット・アクセス・屋台村情報

流山花火大会が2017年も開催されますね! 流山花火大会は2017年で第41回を迎えます。 花火の打上げ場所は、千葉県流山市流山3丁目辺りの江戸川河川敷です。 花火の打ち上げ日程と時間は、 2017年 …

石和温泉花火大会 有料席 チケット

笛吹市夏祭り 石和温泉花火大会有料席チケット・アクセス

笛吹市夏祭り「第53回 石和温泉花火大会」が2017も開催されますね! 日本有数の温泉街でもある山梨県笛吹市にある石和温泉付近で開催される、石和温泉花火大会は、花火大会を堪能した後に石和温泉にゆっくり …

いたばし花火大会 チケット

いたばし花火大会の有料席チケット取り方と無料穴場は?

いたばし花火大会が2017年も開催されますね! 東京都板橋区にある荒川河川敷から打ち上げられる約12,000発もの花火は、普段忙しく人々が行き交う東京の夜空に、ひとときの憩いと、花火師たちが競い合う芸 …

神宮外苑花火大会 2017 チケット

神宮外苑花火大会2017チケットの取り方・無料穴場スポット

神宮外苑花火大会が2017年も開催されますね! 東日本大震災・熊本地震の復興チャリティー、神宮外苑花火大会は、真夏の東京の夜空を約12,000発の花火が美しく彩り、豪華なアーティストたちがそれぞれの会 …

三郷花火大会 有料席 チケット

三郷花火大会の有料席チケット取り方とアクセス・屋台情報

三郷花火大会こと「みさとサマーフェスティバル花火大会」が2017年も開催されますね! 三郷花火大会は2017年で第14回目を迎える、音楽と花火の美しい競演が見所で、江戸川を挟んだ向こう岸(千葉県流山市 …