一期一会 ~素敵な情報をお届け~

訪問してくださった方々に感謝。少しでもお役立ちできたら幸いです。

天気・気象用語

迷走台風とは?台風との違いと過去の事例!5号の進路は?

投稿日:2017年8月1日 更新日:

迷走台風 2017 10号 進路

迷走台風と呼ばれる台風が2017年8月1日現在、日本列島の南を文字通り迷走していますね。

2017年の例で言えば、7月21日に南鳥島付近で発生したとされている「台風5号」が、太平洋を東へ行ったり西へ行ったりウロチョロウロチョロしながら、発達を続けて勢力を強めているようです。

2016年にも迷走台風があったようで、それは「台風10号」でした。この時も、過去に例が無いほどの記録的な迷走台風でした。

2016年8月19日に八丈島の東で確認されて台風と発表されて以来、太平洋をずーっと西へ向けて移動をして、沖縄県のはるか南あたりで東に向けてUターンをした後、東北を横断するという観測史上初の動きを見せた台風10号は、東北に甚大な被害を与えたことは記憶に新しいですね。

2017年8月1日現在、迷走台風として発表されている台風5号の今後の進路が、気になるところですね。

このページでは、
・迷走台風と通常の台風との違い
・2016年の迷走台風10号の進路と被害
・2017年の台風5号の今後の進路

について紹介していきます。

スポンサーリンク

迷走台風と通常の台風との違い

迷走台風とは何なのか?をハッキリとさせる前に、比較対象である「台風」とは、そもそも何なのか?から見ていき、それから違いを比較するようにしましょう。

台風とは?どんな動きが普通なの?

風力がどうこう、風速がどうこうは置いといて、どういった動きをするものかに絞って説明しますね。

「東経100度線から180度経線までの北半球」に中心が存在するものです。位置的にはこの辺りです。
台風 地域

引用元:http://visualshoxxx.com/

季節としては夏から秋にかけて発生します。日本のはるか南で発生して、発生してすぐは貿易風の影響を受けながら西寄りに北へ北へと(日本に向かって)上がり、その後スピードを上げて東へ進行したり、西へそのまま進んで行ったりします。

台風 進路

引用元:http://home.solar-make.com/

この進路を辿る性質上、日本、フィリピン、台湾、中国、韓国などに被害をもたらすことが多いです。

迷走台風ってなぜ呼ばれるのか?

「藤原の効果」と呼ばれる言葉があります。藤原の効果とは、2つの熱帯低気圧(台風)が互いに接近した時に、それぞれが影響を与え合ったり干渉し合ったりすることで、通常の台風とは違う進路を取るようになることです。

この干渉のし合い方にも6例あり、相寄り型・指向型・追従型・時間待ち型・同行型・離反型がありますが、詳細はここでは紹介しません。

ちなみに、この「藤原」とは、1921年当時、中央気象台所長だった藤原咲平さんが提唱した上記の相互作用の理論のことで、そう呼ばれるようになりました。

さて、普段と違う経路をとるようになった台風は、データが少ないため進路予測が非常に難しくなり、過去に例を見ない進路を取ることで、台風に対する対策をあまりしていない地域に上陸する可能性もあって、甚大な被害をもたらすケースがあります。

過去にも迷走台風の例は何度もあり、迷走台風の中でも日本に甚大な被害をもたらしたのは、2016年の台風10号でした。

スポンサーリンク

迷走台風2016年台風10号の進路と被害

2016年の台風10号が東北に甚大な被害をもたらしたことは記憶に新しいのですが、この台風10号が迷走台風に位置づけられているとは知りませんでした。

その進路を見てみましょう。
2016 台風10号 進路

引用元:https://ja.wikipedia.org/

これは…、ホントに迷走してますね…。

先ほど紹介した通常の台風の進路と比べると一目瞭然です。

発生が発表されたのは、8月19日だったと思います。そして、東北を横断して甚大な被害をもたらしたのは、8月30日のことです。10日以上もの間、太平洋をうろうろしていたんですから、これはまぎれもない迷走台風だといえるでしょう。

2016年の迷走台風10号で一番被害が大きかったのは岩手県でしたが、付近の道県でも被害が出ました。
2016 台風10号 被害

引用元:http://www.bousai.go.jp/

迷走台風2017年の台風5号の進路予想は?

通常の台風よりも予想しにくいから「迷走台風」と呼ばれるわけですが、日本の気象庁の発表では、週末の8月5日頃に沖縄・奄美を含む西日本に接近すると予想しています。

8月1日現在の台風5号の勢力です。
中心気圧:935hPa
中心付近最大風速:50m
最大瞬間風速:70m
中心~半径170km以内:風速25m以上の暴風域

更に勢力を強める可能性もあります。

ヨーロッパでの進路予想は関東へ上陸?

ヨーロッパではこの台風5号を「ノルー」と名付けて、進路予想をしているようですが、その進路がエライことになっているようです。

台風の上陸する場所と言ったら、沖縄や和歌山県(紀伊半島)という印象があるのですが、関東に上陸するという予想がされているようです!

とはいえ…、気象庁ですら予測が難しいからこそ名付けられた「迷走台風」です。

ご自身が住んでいる地域が上陸の予想がされていなくても、しっかりとした防災対策はしておいたほうが身の為だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

迷走台風について紹介しました。

2017年は台風5号、2016年は台風10号が迷走台風と位置づけられています。

なんだか…知らない言葉がたくさん出てきて…、新しい言葉もたくさん増えてきた気象情報。

地球さんが悲鳴を上げているような気がしてなりません。

スポンサーリンク

-天気・気象用語
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

梅雨入り 梅雨明け

梅雨入り梅雨明け2017年はいつ?北海道は梅雨の時期が無い?

日本列島では、毎年5月半ばから、7月半ばにかけて「梅雨」の季節がやってきます。 基本的に、沖縄から梅雨入りが始まり、九州、四国、中国地方、近畿、東海、関東、北陸、東北と日本列島を駆け抜けていく「梅雨」 …

特別警報 意味

特別警報とは?注意報と警報と特別警報の違いについて

2013年8月30日から運用が始まった「特別警報」という気象庁からの警告。 大雨や暴風、波浪などで用いられている気象庁の呼びかけは、「注意報」と「警報」だけだったのですが、先の日から「特別警報」という …

冠水 浸水 洪水 違い 意味

冠水と浸水と洪水の違いは?意味は?冠水車や冠水瓶とは?

冠水という言葉をニュースなどで見聞きすることがありますね。 大雨が降ったり、大型の台風が日本列島を襲った後に、「冠水(かんすい)」という言葉が並びます。 ただ、似た言葉で「浸水(しんすい)」という言葉 …

菜の花

菜種梅雨っていつまでなの?意味は?そもそも菜種梅雨の原因は?

菜種梅雨という言葉を聞いたことはありませんか? 春先に天気予報を見ていたら、気象予報士さんがサラッと「菜種梅雨」という言葉を口にすることがあります。読み方は「菜種梅雨(なたねつゆ)」と、そのままの読み …

冬日 真冬日 違い

冬日と真冬日の意味の違いとは?夏日と真夏日の違いは?

冬になると気温が下がって寒くなるというのは、四季がある日本では毎年のことなのですが、近年は猛烈な寒さが襲ってくる冬が多いですね。 冬に天気予報を見るたびに「平年よりも〇度低い気温が予想されます」という …