一期一会 ~素敵な情報をお届け~

訪問してくださった方々に感謝。少しでもお役立ちできたら幸いです。

天気・気象用語

台風5号(長寿台風・ノロノロ台風)の進路は?長寿記録更新?

投稿日:2017年8月8日 更新日:

台風5号 長寿台風

2017年8月8日現在、発生から18日目に突入した長寿台風・ノロノロ台風・迷走台風こと、台風5号ですが、8月8日の午前9時現在の情報によると、四国、近畿を通過して、日本海まで抜けたとのことですね。

東京都心がある関東に向けての進路も予想されましたが、北へ進路を変えたようですね。

ということは、日本海側の地域、北陸や東北への被害が気になるところです。

2016年も迷走台風と言われた台風10号が東北に甚大な被害をもたらしたことは、記憶に新しいですから、今後の台風5号の進路も注意しないといけませんね。

滋賀県の「姉川」が氾濫してしまい、また妹川とも呼ばれる滋賀県の高時川も氾濫危険水位を超えています。

福井県敦賀市の「笙の川(しょうのかわ)」、石川県小松市から「梯川(かけはしがわ)」も危険です。

台風5号の今後の進路とともに、見ていきましょう。

スポンサーリンク

長寿台風の台風5号の進路は?北陸・東北へ

台風5号は、8月8日に日本海に抜けました。このあとは8日の午後3時頃に新潟県を通過して、9日には東北へと進路を向けていく予想です。

10日の午前3時頃に秋田県あたりを通過する頃に、台風5号は温帯低気圧に変わる予想をしていますね。

とはいえ、東北地方にも台風5号は及ぶということで、2016年のような甚大な被害が出ないことを祈るばかりです。

滋賀県の姉川が氾濫・床上浸水被害も人的被害なし

滋賀県の長浜市を流れる「姉川」では、8日午前0時に川が氾濫してしまい、濁流が住宅などの集落を襲いました。

滋賀県長浜市の姉川付近に住む方の生々しすぎる被害の爪あとのツイートです。

床下浸水・床上浸水の被害は出ていますが、長浜市の避難指示が早く、市が用意した避難施設へ500人を超える住民が非難をしたおかげで、人的被害が出なかったことが不幸中の幸いと言えるでしょう。

午前4時頃には姉川の氾濫は収まりましたが、浸水の被害への復旧作業が今後の課題です。

避難指示も午前7時頃に解除されたようです。

スポンサーリンク

氾濫危険水位超え 高時川・笙の川・梯川

8月8日の午前7時半の時点で、滋賀県長浜市を流れている「高時川(たかときがわ)」と、福井県敦賀市を流れている「笙の川(しょうのかわ)」で、氾濫危険水位を超えてしまっているようですね。

また、同日の午前7時45分に、石川県小松市から「梯川(かけはしがわ)」の流域エリアに避難勧告が出されたようです。悌川の水位が急激に上昇しています。

滋賀県長浜市 高時川の水位

滋賀県の長浜市を流れる姉川が氾濫してしまいましたが、妹川と呼ばれる高時川の水位も、危険水位に達したようですね。

滋賀県は台風5号の勢いは徐々に弱まってくるでしょうけど、それでもここまで水位が上がってしまうと、付近にお住まいの住民の方々は恐怖を覚えますね…。

福井県敦賀市 笙の川の水位

福井県敦賀市を流れる笙の川も危険水位を超えてしまったようですね。避難勧告が出た場合は、素早く行動できるようにしてください。

ツイッターでつぶやかれた8月8日現在の笙の川です。水位が高いです。

市から非難勧告が出た場合は、速やかに「命を守る行動」を取るようにしてください。

石川県小松市 梯川の水位

石川県小松市では、8日の午前7時45分に、梯川の流域エリアに避難勧告が出されました。住民の方々は「命を守る行動」を取るようにしてください。

滋賀県の長浜市、姉川は氾濫してしまいましたが、市の迅速な対応と、それに従った住民の方々の素早い行動のおかげで、人的被害は今のところ出ていません。

長寿台風の今までの記録を台風5号が塗り替える?

普通の台風の寿命と言っては変な表現にはなりますが、発生から温帯低気圧に変わるまでの平均は「5.3日」と言われています。

気象庁での統計が残っている1951年以降の記録ですが、これまでで一番長寿の台風だったのは、1986年に発生した台風14号の「19日と6時間」(19.25日)です。ただ、この長寿台風は日本には上陸せず接近すらしませんでした

迷走台風とは?普通の台風との違いと過去の迷走台風事例

2017年8月現在に日本で猛威を振るう台風5号は、長寿台風の記録を更新すると見られています。

8月9日午後9時まで温帯低気圧に変わらずに「台風」として残っていると、長寿台風の記録更新となりますが、8日午前8時現在の情報ですと、温帯低気圧に変わるのは、10日の午前3時と予想されています。

「いつ来るのか?」「いつ来るのか?」と太平洋を迷走する姿から「迷走台風」と呼ばれ、そのスピードが自転車並みということから「ノロノロ台風」とも呼ばれ、台風の長寿記録を更新しそうだということで「長寿台風」とも呼ばれた今回の台風5号。

被害を出ていますが、人的被害が出ないようにだけ、今後も進路に注意していきたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

2017年8月、日本に上陸した「長寿台風」の台風5号について紹介しました。

各地で川の氾濫、床下浸水、床上浸水などの被害は出ていますが、人的被害が出ないよう、避難勧告が出たらすぐに行動し、むやみに外に出ないように注意してください。

台風にも色々種類があるんですね。

気象用語も新しい言葉が続々と出てきていますから、勉強しないといけませんね。

スポンサーリンク

-天気・気象用語
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

梅雨入り 梅雨明け

梅雨入り梅雨明け2017年はいつ?北海道は梅雨の時期が無い?

日本列島では、毎年5月半ばから、7月半ばにかけて「梅雨」の季節がやってきます。 基本的に、沖縄から梅雨入りが始まり、九州、四国、中国地方、近畿、東海、関東、北陸、東北と日本列島を駆け抜けていく「梅雨」 …

特別警報 意味

特別警報とは?注意報と警報と特別警報の違いについて

2013年8月30日から運用が始まった「特別警報」という気象庁からの警告。 大雨や暴風、波浪などで用いられている気象庁の呼びかけは、「注意報」と「警報」だけだったのですが、先の日から「特別警報」という …

ゲリラ豪雨

ゲリラ豪雨の意味は?原因と対策!いつからゲリラ豪雨は始まった?

「ゲリラ豪雨が都心部を襲い、地下から水が溢れています。」 「ゲリラ豪雨のため、山間部に土砂崩れの恐れがあります。」 ニュースを見ていると「ゲリラ豪雨」という言葉を耳にすることが、ちょくちょくありますね …

冠水 浸水 洪水 違い 意味

冠水と浸水と洪水の違いは?意味は?冠水車や冠水瓶とは?

冠水という言葉をニュースなどで見聞きすることがありますね。 大雨が降ったり、大型の台風が日本列島を襲った後に、「冠水(かんすい)」という言葉が並びます。 ただ、似た言葉で「浸水(しんすい)」という言葉 …

菜の花

菜種梅雨っていつまでなの?意味は?そもそも菜種梅雨の原因は?

菜種梅雨という言葉を聞いたことはありませんか? 春先に天気予報を見ていたら、気象予報士さんがサラッと「菜種梅雨」という言葉を口にすることがあります。読み方は「菜種梅雨(なたねつゆ)」と、そのままの読み …