一期一会 ~素敵な情報をお届け~

訪問してくださった方々に感謝。少しでもお役立ちできたら幸いです。

紅葉

紅葉狩りの意味と由来は?能の紅葉狩に出てくる鬼女が由来?

投稿日:2017年9月5日 更新日:

紅葉狩り 意味 由来

紅葉狩りは、秋の行楽のシーズンになるとよく耳にしたり、目にしたりする言葉です。

ざっくりと理解している紅葉狩りの意味は、秋の紅葉を見るために山などを散策したりハイキングしたりすることですよね。

でも、字を見ていると違和感がありますよね。

「紅葉狩り」

イチゴ狩りは、イチゴを取って食べるからイチゴ狩り。
ぶどう狩りも、ぶどうを取って食べるからぶどう狩り。
松茸狩りも、松茸を取って持って帰るから松茸狩り。

紅葉狩りは…、もみじの葉を持って帰って食べるわけではないです。秋の紅葉を見て楽しむことです。

桜を見て楽しむことは桜狩りとは言いませんから(昔は使われていたようですが)、紅葉狩りという名前には、きっと昔からの由来があるのでしょう。

このページでは、
・紅葉狩りの言葉の意味と由来
・紅葉狩を題材にした能や歌舞伎

この3点に絞って紹介していきますね~。

スポンサーリンク
  

紅葉狩りの意味・由来は何?

紅葉狩りっていう言葉がありますが、どうも文字を見ていると違和感があります。

実際に私たちが思い込んでいる紅葉狩りの意味が正しいのかを確認しましょう。

紅葉狩りの正しい意味と読み方は?

紅葉狩りの意味は、「秋の紅葉の時期に、山などの行楽地へ出かけて紅葉を見物すること」とされています。

私のざっくりとした理解での意味で正解でしたね。

ちなみに、紅葉狩りの読み方ですが「もみじがり」で正解です。

なぜ「狩り」なの?由来は?

「紅葉狩り」という言葉そのものは、1200年も前の「万葉集」にも出てきている言葉です。

「狩り」という言葉は、昔の狩猟が元々で、食料として獣などを捕まえる時に用いられた言葉でした。この意味は現在でも通じる意味です。

生き物を捕まえることが「狩り」だったのですが、果物を取ることにも「狩り」が使われるようになっていきました。先ほど私が例に挙げた、イチゴ狩り、ぶどう狩り、松茸狩りなんかがその名残です。

そして「狩り」を行わない貴族という身分ができ、その貴族が自然の中で花や草木を手に取って楽しむこと、観賞することにも「狩り」という言葉を使うようになったのです。

いつしか花や草木を手に取らず、見て楽しむことにも「狩り」という言葉を用いるようになり、秋の紅葉を楽しむことを「紅葉狩り」と言うようになったのが由来の中の一説です。

なんとも素敵な由来ですね。

紅葉狩りの時期っていつ?日本の紅葉の見頃のシーズンは?

「紅葉」という名の鬼女を退治するという由来も?

紅葉狩りの素敵な由来だけで終われば良かったのかもしれませんが、紅葉狩りの由来にはこんな一説もあるんです。

現在の長野県の「戸隠山(とがくしやま)」に、山から村に下りては村人に手をかける「紅葉(もみじ)」という名前の鬼女が住んでいて、その鬼女を退治したことが「紅葉狩り」の由来という一説もあるそうです。

コレに関しては、次で詳しくお伝えします。

スポンサーリンク

紅葉狩という能・歌舞伎の演目は由来に関係ある?

紅葉狩りの言葉の由来で、戸隠山の鬼女「紅葉(もみじ)」を退治するという説があると紹介しました。

日本の伝統芸能である能に「紅葉狩(もみじがり)」という一曲があり、同じく歌舞伎にも同様の演目があります。

内容のあらすじを紹介します。

現在の長野県にあたる信濃国の戸隠山に「紅葉(もみじ)」という女が住んでいました。紅葉は、山もふもとにある村の人々を次々に餌食にするという恐ろしい鬼女でした。

見かねた帝(みかど)が、平安時代中期の武将である平維茂(たいらのこれもち)に鬼女を退治するよう命令します。

帝の命を受けた維茂が鬼女退治のために戸隠山に向かっている道中で、美女たちが紅く染まった紅葉の下でお酒を飲んで唄っていました。

旅の疲れもあってか、維茂はその美女たちに誘われると断り切れずに少し休憩をすることにしましたが、美女と酒に溺れてしまい、酒に酔ったまま眠りついてしまいます。

この美女たちというのは、鬼女紅葉と、手下の女だったのです。

鬼女が本性を現し、酒に酔って眠る維茂に手をかけようとした時、夢の中に八幡大菩薩が現れました。そして、夢の中で維茂にお告げを残し、神剣を与えたのです。

八幡大菩薩のお告げにより目覚めた維茂は、間一髪のところで鬼女の攻撃をかわし、与えられた神剣で鬼女紅葉を退治することができました。

その後、戸隠山には平和が訪れました。

このお話は、大日本史平維茂伝、太平記に記されているようです。

日本の伝統芸能の題材にもなっているほどの「紅葉狩」ですが、私個人的には、現在の紅葉狩りの由来としては、貴族が草花を手にとって楽しんでいる様子を「狩り」と言うようになった説を信じたいところではありますね…。

その方がロマンチックですし、子どもに尋ねられたら、貴族の方の説を話してあげようと思っています。

スポンサーリンク

まとめ

紅葉狩りの意味と由来を紹介しました。

秋になって緑の葉が赤く色づいてくる頃には、紅葉狩をしに行きたいですね。

紅葉狩りという言葉の由来もキチンと知ったことですし、ご家族やご友人の方々にも教えてあげてくださいね。

もちろん、鬼女紅葉の説も一緒に!

スポンサーリンク

-紅葉
-,

執筆者:

関連記事

紅葉狩り 時期

紅葉狩りの時期っていつ?日本の紅葉の見頃のシーズンは?

暑さがおさまって、涼しい風が吹くようになった秋の頃、山や公園などの緑が赤く色づき、紅葉のシーズンがやってきます。 紅葉狩りの時期って肌寒く感じ始める頃で、心が穏やかになる季節ですから、自然に身を置いて …