一期一会 ~素敵な情報をお届け~

訪問してくださった方々に感謝。少しでもお役立ちできたら幸いです。

美容・健康

RSウイルスの感染経路は?ワクチンは?潜伏期間や症状は?

投稿日:2017年10月16日 更新日:

RSウイルス 感染経路 潜伏期間

赤ちゃんや2歳くらいまでの乳幼児や幼児が、かなりの確率で感染すると言われている「RSウイルス」。

RSウイルスは、私の子どもも上の子は1歳半の時に、下の子どもは生後6ヶ月の時に感染しました。

上の子の場合は、熱は39度まで上がり通院もしましたが、自宅で約1週間で熱はおさまりました。

下の子の場合は、熱は40度近くまで上がり、病院に行くとRSウイルスのため即入院の診断を受け、1週間ほどの入院を余儀なくされました。

ご家族に小さいお子様がいらっしゃるなら、RSウイルスの恐怖は常にあります。

特に秋から冬にかけて、RSウイルスは流行する傾向がありますので、しっかりと知識は持っておきたいところですね。

このページでは、
・RSウイルスの感染経路
・RSウイルスのワクチン
・RSウイルスの潜伏期間と症状

以上の3点に焦点を絞って、紹介させていただきますね。

スポンサーリンク
  

RSウイルスの感染経路は?保育園で流行する?

「RSウイルス」と言われるくらいですから、ウイルス感染症です。

RSウイルスの気になる感染経路について紹介しますね。

感染症の主な感染経路は「空気感染」「飛沫感染(ひまつ)」「接触感染(経口感染)」の3種類がありますが、RSウイルスの感染経路は「飛沫感染」「接触感染(経口感染)」の2種類です。

飛沫感染とは?

RSウイルスの感染経路の一つ、飛沫感染は、くしゃみ、咳で飛ぶ粒子、他には会話している時に飛ぶ粒子など、主に唾液での感染です。

ただ、上記に挙げられる粒子に関しては、空気中を長時間浮遊することは考えにくく、口などから飛沫した粒子は、1メートル以内で落下します。

接触感染(経口感染)とは?

RSウイルスの感染経路の一つ、接触感染は、粘膜や皮膚などの接触によってウイルスなどの病原体が付着して感染したり、もしくは、ドアノブや手すりなどの人が使うもの、医療器具などを介して間接的に感染する経路です。

特に、ウイルスにや病原体が付着した食べ物、飲み物を口にすることで感染することを、経口感染と言います。

RSウイルスは保育園で流行する?

RSウイルスに限らず、こういった感染経路がある病気は、保育園や幼稚園など、特に小さい子どもが集まる場所での感染は、いくら手洗い・うがいなどの徹底で予防をしていても、非常に防ぎにくいことが容易に想像がつきますので、爆発的に流行することが考えられます。

私の子どもたちも、恐らく保育園でRSウイルスをもらったのだと思います。ただ、保育園に対して何の不満もありません。

こればかりは、どうしようもないことですからね。

スポンサーリンク

RSウイルスのワクチンはある?

私の子どもがRSウイルスにかかったのは、2010年と2013年です。当時、RSウイルスのワクチン、特効薬はありませんでした。

生後6ヶ月でRSウイルスにかかってしまった下の子は、高熱もさることながら嘔吐がひどかったです。

入院して点滴を続けることで、RSウイルスが体の外へ出て行くのをひたすら待つという処置を続けてくださいました。

2017年10月現在でも、RSウイルスのワクチンや特効薬は無いようです。

RSウイルスへの治療としては、対症療法が行なわれるようです。

※ 対症療法とは、頭痛に対して鎮痛剤を飲むという処置で、それに対して根治療法は、頭痛そのものを抑える処置をすることです。

インフルエンザの予防接種の時期は?効果はあるの?価格は?
溶連菌の感染経路と潜伏期間は?症状は?合併症が起こるの?

RSウイルスの潜伏期間はどれくらい?症状は?

RSウイルスに限ったことではありませんが、感染症は潜伏期間があります。

潜伏期間は、ウイルスや病原体が体内にあるものの病気が発症していないので自覚症状が無いため、保育園などに通ったり、大人の場合は仕事に出かけたり、人が大勢集まるところへ出かけたりしてしまいます。

そこで更なる感染が生まれてしまうのです。

さて、RSウイルスの潜伏期間は、4日~6日と言われています。

秋から冬にかけて、特に10月から2月頃に、0歳、1歳、2歳の小さなお子様が風邪の症状が出たら、「RSウイルスかも?」という考えを持って良いと思います。

その方が、病院へ行くタイミングも早くなるでしょうし、重篤化を抑えることができる可能性が高いです。

RSウイルスに感染して発症したときの症状は以下です。
(私の子どもの症状も参考にしています)

・咳をするようになり痰が絡んでいる

・くしゃみが出て黄ばんだ鼻水が出る

・熱が39~40度まで上がる

・嘔吐がある

・年齢が低ければ低いほど肺炎などを引き起こす

上の2つは、普通の風邪でも見られる症状です。

先ほども言いましたように、秋から冬にかけて、特に10月から2月頃に、0歳、1歳、2歳の小さなお子様が風邪の症状が出たら、「RSウイルスかも?」という考えを持つと良いということは、コレが理由です。

もし、保育園などに通園されているなら、他の子どもたちへの感染を防ぐために即座に通園を控えることも肝心です。

スポンサーリンク

まとめ

RSウイルスにの感染経路、ワクチン、潜伏期間と症状について紹介しました。

RSウイルスは予防しにくい病気です。

考え方としては、小さいうちに必ずかかってしまうものと割り切って、発症してしまったときに重篤化させないこと、他への感染を防ぐことに重点を置くと良いでしょう。

スポンサーリンク

-美容・健康
-,

執筆者:

関連記事

溶連菌 治療期間

溶連菌感染症の治療期間は?薬を服用しなくても自然に治る?

溶連菌(ようれんきん)感染症は、よく耳にすると言いましょうか、私たちの身近なところにある感染症ではあります。 ただ、決して軽視してはいけないものでもあることは事実です。 溶連菌感染症は、重症化すると様 …

熱中症 エアコン 夜通し

熱中症対策に夜通しエアコン(冷房)は大丈夫?扇風機は?

むせ返るような暑さが続く夏の日、熱中症になる人がたくさんいます。毎年その人数は増えている傾向にあります。 熱中症対策のために、こまめに水分補給をしたり、日中の暑い時間帯のむやみな外出を避けたりなど、色 …

o157 予防 原因

O157の原因や感染経路・潜伏期間や症状は?予防法と消毒は?

病原性大腸菌の『O157(オー イチ ゴー ナナ)』が、埼玉県で見つかったようですね。 2017年8月22日のニュースで報道されていたことですが、埼玉県熊谷市のスーパー「食彩館マルシェ籠原店」の中で営 …

インフルエンザ 予防接種

インフルエンザの予防接種の時期は?効果はあるの?価格は?

インフルエンザが毎年のように猛威をふるうようになった昨今。 私が幼い頃(もう20~30年近く前ですが)は、インフルエンザと聞けば、小学校で予防接種をする注射の名前だと思っていました。 ところが、最近で …

溶連菌 感染経路 潜伏期間

溶連菌の感染経路と潜伏期間は?症状は?合併症が起こるの?

溶連菌(ようれんきん)感染症が毎年、猛威をふるう時期があります。 秋が深まった11月頃から春先の4月くらいに溶連菌感染症が流行る印象があります。 私の子どもも、上の子が5歳の時の冬に溶連菌感染症にかか …