一期一会 ~素敵な情報をお届け~

訪問してくださった方々に感謝。少しでもお役立ちできたら幸いです。

お正月

七草粥の由来は?1月7日に七草粥を食べる意味と効果はコレ!

投稿日:2017年10月24日 更新日:

七草粥 意味 効果

七草粥(ななくさがゆ)という言葉を聞いたことがあっても、
「食べたことが無い」
「七草粥のレシピを知らない」
「七草の種類を知らない」

とった方々が多いのではないでしょうか。

私は幼い頃に、七草のうちの三草ほどが入った七草粥を食べさせてくれたことを思い出します。その中に七草のうちの何が入っていたか、美味しかったかなどは覚えていませんが、「七草粥」という食べ物があると知ったのはその時でした。

このページでは、
・七草粥の由来
・七草粥の意味
・七草粥の効果

以上の点に絞って、七草粥について紹介しますので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
  

七草粥の由来は?いつ食べる?

まずは、そもそも七草粥を食べるという風習が出来たのは、どういった由来があったからなのでしょうか?

七草粥の由来について見ていきましょう。

1月7日は「人日(じんじつ)の節句」

昔の中国の前漢と呼ばれる時代に、こういった占いがありました。

元旦 → 鶏
2日 → 狗(犬)
3日 → 猪
4日 → 羊
5日 → 牛
6日 → 馬
7日 → 人
8日 → 穀

これは何を表すかと言うと、この日に、その生き物を大切にする、殺生をしないという風習でした。

その中で1月7日の「人の日」は、人を大切にする「人日の節句」とされていて、「七種菜羹(ななしゅさいのかん・しちしゅのさいこう)」を食べることで健康や無病息災を祈るというものですね。

七草とは、

芹:せり
薺:なずな(ペンペン草)
御形:ごぎょう
繁縷:はこべら
仏の座:ほとけのざ
菘:すずな(かぶ)
蘿蔔:すずしろ(大根)

の七種です。

ちなみに「七種」と書いて「ななくさ」と呼ぶのが、ここで紹介する「春の七草」で、「七草」と書くのが「秋の七草」を表すといわれていますが、現在では「七草」が「春の七草」を意味することもあるようです。

さて、話を戻しますと、これらの七草を入れてスープにして飲むことが、前漢での新年の風習です。

この前漢の風習が日本に伝わったのは、奈良時代から平安時代の中頃だと言われています。

日本にも「若菜摘み」という風習があった

平安時代当時の日本にも「若菜摘み」という風習があり、新年に若菜を食べると、「体内から邪気を払うことができる」「健康に過ごすことができる」と考えられていました。

百人一首で光孝天皇が歌っている一首で、

【君がため 春の野に出でて 若菜摘む 
 わが衣手に 雪は降りつつ】

という歌があるように、雪の降る季節に若夏摘みが行われていたことが窺えますね。

この頃に日本で食べられていたのは、『米・粟(あわ)・黍(きび)・稗(ひえ)・蓑米(みのごめ)・胡麻・小豆』で、1月15日ごろに食べられていたようです。

この若菜摘みの風習に、中国の前漢の人日の節句の風習が合わさることで、日本では、1月7日に七草をお粥に入れて食べるようになり始めました。

ただ、日本で七草粥が一般庶民にも広まったのは江戸時代と言われています。

スポンサーリンク

七草粥の意味と効果

七草粥の由来の中で意味と効果を多少紹介しましたが、改めてここで紹介させていただきますね。

前漢での元々の意味は、1月7日は「人日の節句」で人を大切にする日なので、七種菜羹を口にすることで健康や無病息災を祈っていました。

また、1月7日に官吏の昇進が発表されるということで、1月7日の朝に七種菜羹を口にして、出世を祈っていたようです。

日本で七草粥が食べられるようになってからは、年末やお正月に向けてたくさん食べたり飲んだりして疲れている胃腸をいたわること、さらには、ご馳走ばかり食べていると野菜が不足してしまうことが多いので、七草粥を食べて健康と無病息災の祈ったという風習が広まったようです。

また松の内(1月1日~7日)の最後の日である1月7日に七草粥を食べることで、「お正月は終わり」「普段の生活に戻す」という区切りにするという意味もあります。

スポンサーリンク

七草粥はセットで通販で購入できる

さて、お正月に食べる料理としては、おせち料理・お雑煮が挙げられますね。

おせち料理は、割と味付けの濃いメニューが多いですし、お雑煮は、お餅が入っているということで、胃への負担が非常に大きくなってしまいがちですね。

しかも今も昔も、お酒を多めに飲むことが、そこまで咎められないのお正月ということで、やはり、胃袋だけでなく体への負担が非常に大きいことが分かります。

おせち2018 人気のディズニーやキャラクターのおせち料理予約

・(準備中)お雑煮の全国地域味付けと具の違い!白みそ?醤油?あんこ?

お歳暮を送るときなどに気にする「松の内」の最後の日である、1月7日に七草粥を食べることで、お正月気分をリセットすることが大事ですし、不足がちな野菜を補給する意味もあります。

お歳暮の意味とは?お歳暮を贈る時期はいつで送る相手は誰?

お歳暮のお返しは必要?お返しマナー・時期・お断りの仕方

七草粥を食べなくても、現在では野菜を補給することはできますが、日本古来の風習を楽しみたい、お子様にそういった風習を教えてあげたいなら、通販で七草粥を作ることができるセットを購入することができますよ。


【ネコポス便送料無料】【フリーズドライ】春の七草3袋セット(約4人前が3回分)

フリーズドライで七草粥を作ることができるんですね!作り方も簡単なので、超おススメですね~。

他にも「桜七草」なんていう桃色の彩りの七草粥のフリーズドライもありますので、チェックしてみて下さいね!

CHECK!!>>【楽天】七草粥のセット通販はココ

七草粥のセットを購入すれば、作り方も簡単ですので、お子様に教えてあげる機会を作ってみるのも良いかもしれませんね。

まとめ

七草粥の由来、そして七草粥の意味と効果について紹介しました。

七草の種類とそれぞれの効果についてはコチラのページで紹介しています。

七草の種類と春の七草の栄養素と効果は?意外な栄養価!

七草粥に限ったことではありませんが、現在ではなくなりつつある風習でも、その意味を知って、子どもたちに教えてあげることは大切だと思います。

七草粥もその一つだと思いますので、1月7日に七草粥を作って食べてみるのも良いかもしれませんね!

スポンサーリンク

-お正月
-,

執筆者:

関連記事

七草 種類 効果

七草の種類と春の七草の栄養素と効果は?意外な栄養価!

1月7日に食べると言われている「七草粥(ななくさがゆ)」。 最近では、通販やスーパーなどでも七草粥のセットやフリーズドライが販売されているので、割と七草粥を食べるというご家庭も増えているようですね。 …

鏡餅 切り方 割り方 鏡開き

鏡餅の切り方は?固い鏡餅は切らずに割る?鏡開きから紐解く

お正月になると家や会社などで飾るであろう鏡餅。 幼い頃は、鏡餅って作り物で食べることができないと思っていた(作り物の鏡餅もあるようです)のですが、お正月が終わって時期が来れば食べるものです。 ただ、つ …

お年玉 相場 幼稚園 小学生

お年玉の相場って?幼稚園児や小学生の甥っ子姪っ子には?

お年玉っていただくものだと、つい最近(?)まで思っていたのですが、時間の流れは残酷なもので、お年玉をあげる側になってしまいましたね…(苦笑)。 お年玉をいただいていたときは、 「おじいちゃんとおばあち …

鏡餅 飾り方 場所

鏡餅の家での正しい飾り方の場所は?由来や意味から紐解く!

鏡餅の正しい飾り方をご存知ですか? お正月になったら、鏡餅をお家に飾るご家庭が多いと思います。 ただ、家に鏡餅を飾るとしたら、場所はどこが正しいのでしょうか? 来客の皆さんが目に付く玄関? 食べ物を扱 …

おせち料理 2018 ディズニー

おせち2018 人気のディズニーやキャラクターおせち料理予約

おせち料理を2018年のお正月に食べられるご予定はありますか? まず、おせち料理と言えばどのようなイメージがありますか? 「見栄えは豪華だけど、子どもにとっては食べるものが少ない」 「おせちを作ったこ …