一期一会 ~素敵な情報をお届け~

訪問してくださった方々に感謝。少しでもお役立ちできたら幸いです。

美容・健康

インフルエンザの予防接種の時期は?効果はあるの?価格は?

投稿日:

インフルエンザ 予防接種

インフルエンザが毎年のように猛威をふるうようになった昨今。

私が幼い頃(もう20~30年近く前ですが)は、インフルエンザと聞けば、小学校で予防接種をする注射の名前だと思っていました。

ところが、最近ではインフルエンザにかかって1週間ほど学校や仕事に行けなくなり、学級閉鎖や学年閉鎖になるくらいインフルエンザが流行しますね。

最近では、インフルエンザの予防接種をするように勧められていますが、実際に予防接種をしている方って意外と少ないようですね。

「仕事が忙しくてなかなか予防接種にいけない」
「子どもだけでも予防接種をさせたいんだけれど…」

さて、このページでは、インフルエンザの予防接種について、
・時期はいつからいつまで?
・効果がある?効き目のある期間は?
・価格はどれくらい?

この3点に絞って、インフルエンザの予防接種について紹介していきますので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種の時期っていつ?

毎年、インフルエンザが流行する時期と傾向ですが、10月頃に最初の感染者さんが発表され、12月頃に患者さんが増えていき、年明けの1月~3月にピークを迎えて、暖かくなる4月下旬頃に減っていき。5月のゴールデンウィークにはインフルエンザの話題は出なくなるといった傾向です。

2017年から2018年にかけてのインフルエンザに対しての予防接種ですが、2017年10月1日から病院では受付が始まるようです。

11月からインフルエンザの予防接種が始まるところもありますから、必ず事前に確認するようにしてくださいね。

インフルエンザの予防接種のおすすめの時期は?

私が子どもと一緒にインフルエンザの予防接種を受けたときに、そのお医者さんが仰っていたことですが、「11月の中旬から12月の上旬に受けるのが良い」とのことでした。

この理由については、後ほどにインフルエンザの予防接種の効果が持続する期間についてのところで紹介させていただきますね。

予防接種を2回受けるのもアリ?

「インフルエンザの予防接種を2回受ける」ということを耳にされたことがあるかもしれませんが、月齢が6か月以上の赤ちゃんから、小学校6年生の12歳まで(13歳未満)は、2回接種するようになています。

基本的には、インフルエンザの予防接種を2回受けるときは、10月頃に1回目、4週間くらい間隔を空けて2回目を受けるような流れです。
(1回目が多少遅れても十分間に合います)

13歳以上の若者や大人は、基本的には1回接種なのですが、2回接種することも可能です。

ただ、インフルエンザの予防接種は数に限りがあるようですので、小さい子どもに2回接種を優先するようになっています。

2017年のインフル予防接種の種類は?

インフルエンザの予防接種、2017年は以下の4種類と発表されています。

・シンガポールA型
・ホンコンA型
・プーケットB型
・テキサスB型

スポンサーリンク

インフル予防接種って効果あるの?効果持続期間は?

インフルエンザの予防接種を受けたのに、インフルエンザに感染してしまった…という声を聞いたことがあります。

「え?インフルエンザの予防接種って効果がないの?」と疑問を感じてしまったのですが、これは効果がないということではなく、効果の期間の問題です。

インフル予防接種の効果の期間は?

インフルエンザの予防接種を受けてから、その効果が出てくるまで約2週間の期間を要します。そして、1ヶ月が経った頃がその効果が発揮され、予防接種を受けた時期から約5ヶ月の期間、効果が継続すると言われています。

冒頭に紹介したインフルエンザが流行する時期、予防接種の効果の期間を照らし合わせると、お医者さんが11月中旬から12月上旬にインフルエンザの予防接種を受けることをお勧めされるか、その理由がお分かりいただけたかと思います。

予防接種したのにインフルを発症するのは?

このパターンの人が意外といらっしゃるんですね。

それは、インフルの予防接種の効果が発揮される前にインフルエンザにかかってしまった、もしくは、効果が切れてしまった時に発症してしまったということです。

また、お医者さんによっては、インフルエンザの蔓延を防ぐために、インフルエンザが流行している時に、風邪の症状が出て診察を受けたときに、「インフルエンザとみなす」という診断をされるお医者さんもいらっしゃいます。

インフルエンザの薬を処方してくださり、約1週間の外出禁止を指示されます。

インフルエンザ予防接種の気になる金額は?価格はどれくらい?

インフルエンザの予防接種をするにあたって、気になるのは金額ですよね?

「価格は1回30,000円です」なんて言われたら、気軽に受けることができません。2回なんてとんでもない!となってしまいます。

インフルエンザの予防接種の価格は、各病院で違いますので、この価格です!と言えませんがある程度の料金の目安を紹介します。

【2回接種が必要な6ヶ月~13歳未満の価格】
2回接種で、5,000円~7,000円

【13歳以上の価格】
3,000円~5,000円

【高齢者(65歳以上)の価格】
無料~2,000円

各自治体によって違いはあると思いますが、高齢者の予防接種に補助金が出たりする地域もあるようですから、かかりつけのお医者さんや市役所、区役所に相談されることをお勧めします。

スポンサーリンク

まとめ

インフルエンザの予防接種について、受けるのに適切な時期、効果の持続する期間、気になる金額について紹介しました。

子どももママもパパも、しっかりと予防接種をして、インフルエンザに対して万全の対策をとりましょうね!

インフルエンザに限ったことではなく、色々な風邪が流行る時期は秋から冬にかけてが多いですよね。

RSウイルスの感染経路は?ワクチンは?潜伏期間や症状は?
溶連菌の感染経路と潜伏期間は?症状は?合併症が起こるの?
溶連菌感染症の治療期間は?薬を服用しなくても自然に治る?

しっかりと知識を持っておくことが一番の予防になると思います!

知っておいて損は無いと思いますよ~。

スポンサーリンク

-美容・健康
-,

執筆者:

関連記事

育乳ブラ グラモアブラ

育乳ブラ口コミ好評の「グラモアブラ」しぼんだ胸を取り戻す

女性にとっては、若い頃もママになっても、【胸】への悩みはつき物ですよね。 「胸が自然に大きくならないかしら…」 「出産と授乳で胸が一気にしぼんでしまった…」 「ブラからハミ出る脇肉が汚らしい…」 「パ …

溶連菌 治療期間

溶連菌感染症の治療期間は?薬を服用しなくても自然に治る?

溶連菌(ようれんきん)感染症は、よく耳にすると言いましょうか、私たちの身近なところにある感染症ではあります。 ただ、決して軽視してはいけないものでもあることは事実です。 溶連菌感染症は、重症化すると様 …

o157 予防 原因

O157の原因や感染経路・潜伏期間や症状は?予防法と消毒は?

病原性大腸菌の『O157(オー イチ ゴー ナナ)』が、埼玉県で見つかったようですね。 2017年8月22日のニュースで報道されていたことですが、埼玉県熊谷市のスーパー「食彩館マルシェ籠原店」の中で営 …

RSウイルス 感染経路 潜伏期間

RSウイルスの感染経路は?ワクチンは?潜伏期間や症状は?

赤ちゃんや2歳くらいまでの乳幼児や幼児が、かなりの確率で感染すると言われている「RSウイルス」。 RSウイルスは、私の子どもも上の子は1歳半の時に、下の子どもは生後6ヶ月の時に感染しました。 上の子の …

またずれ 防止

またずれ防止のスパッツ・スカート・ショーツ!女性必見!

太ももが人よりも大きいサイズの女性の悩みといえば、「またずれ」ですよね…。 特に、汗を多くかく夏になると…、いつも通り股が擦れるのは当然のことながら、摩擦で皮がめくれてしまって、そして炎症を起こすこと …