一期一会 ~気になる情報をお届け~

このサイトに訪問してくださったことに感謝。あなたの知りたいことをお伝えします。

生活の知恵・豆知識

ゴミの分別の本当の理由は?ゴミ分別の必要性と意味に迫る!

投稿日:

ゴミ 分別

ゴミを捨てる時に分別していますよね。燃えるゴミ、燃えないゴミ、缶、ビン、プラスチック、ペットボトル…他にもたくさんあるとは思いますが、パッと思いついたのはこんなところです。

私が住んでいる地域では、ゴミの分別に関しては比較的緩いルールなのですが、細かすぎる地域もありますよね。違う地域へ引越しした友人の家へ遊びに行った時のゴミ箱の多さたるや…。「ここまで細かすぎる分別は私にはできない…」と思いました。

インターネットを見ていますと、ゴミの分別が実は意味の無いことだという情報をキャッチしました。

にわかに信じがたい情報ではありますが、もし必要性が無かったり、意味ないものだったとすると、今までわざわざゴミを分別していた面倒は何だったの?と思ってしまうので、ゴミの分別について調べてみることにしました。

ゴミを分別する理由はリサイクルの為?

高度経済成長期(1955~73年頃)の日本では、燃やせるか燃やせないかを基準に、分けていたようです。要は、燃えるゴミ(可燃ゴミ)、燃えないゴミ(不燃ゴミ)の2種類でした。

1990年代に入ると、ゴミを燃やす時に出る煙などでの環境汚染の問題や、ゴミの最終処理場が減ったこと、またリサイクルを重要視するようになったことで、乾電池やプラスチックなどの分別が始まりました。

私がまだ子どもの時のおぼろげな記憶ですが、「缶は分別して捨てなさい」と母に言われたのを覚えています。

ゴミを分別する理由としては、前述した環境問題、最終処理場の減少、そしてリサイクルのためということですね。非常に納得のいく理由ではあるのですが、では、なぜゴミの分別は意味ないとか、必要性に疑問を感じるといったような意見が上がったり、情報がインターネットを駆け巡ったりするのでしょうか?

ゴミの分別が本当に意味のないことなのかどうかを調べてみました。

ゴミの分別の必要性に疑い?実は意味ない?

ずいぶんと昔の話になりますが、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」のトークにて、ハガキ質問で『ゴミの分別が細かくされていますが、最後はどのように処理されていますか?』の回答として、
松本人志さんが『結局一緒に燃やしてます。衛生局が「ゴミを分けてみよう」と言ってみたら、でけへんと思ってたのに皆が意外とやりよったから。「お、これビンか?これ燃えるゴミか?一緒にまとめて火ぃつけて燃やして、ププププ…」みたいな。』
浜田雅功さんが『お前、怒られるで。』と笑っていましたが、これに近いことが実際に行われているというウワサが…!

プラスチックやその他の資源ゴミも、リサイクルしてもう一度使える状態に持っていくことに、単純に考えても膨大なコストがかかるので、実際は行われていないとか…。燃えにくいゴミを燃やす際の燃料として、プラスチックやペットボトルが使われているという噂が!

普通ゴミには水分が含まれていたり、生ごみも含まれていたりするので非常に燃えにくいですから、そんなときに、分別されたプラスチックやペットボトルを燃料として使用しているなんていう情報も…。

少し話は変わりますが、家庭ゴミを大量に処理してくれる施設が、私の家から車で20分ほどの所にあるのですが、年末に大量のゴミを持っていきました。使わなくなったベビーカー小さい本棚掃除機その他諸々…。

ワゴンの後ろに一杯詰め込んで、そのゴミ処理場へ行き、職員さんがそれらを大きな穴に次から次へと放り込んでいく様を見ていると、「すごく便利で助かった」と思った反面、「普段ゴミの分別をしている私たちって何なのだろう…?」とも思いましたし、「粗大ごみに限らず、結局は何でも一緒に処理してるんじゃないの?」という疑念を抱きました。

ゴミの分別に地域で差があるのはなぜ?

冒頭で少し触れましたが、ゴミの分別を細かすぎるくらい分けている地域があれば、驚くほどザックリとしたゴミの分別しか行われていない地域もありますよね。

ゴミの分別に地域差があるのはなぜなのでしょうか?

この答えは、地域や自治体ごとで人口ゴミの焼却施設の違いがあるのが理由です。

人口の多い自治体は、それと比例するようにゴミの量も多くなります。地域や自治体の職員や委託業者がゴミを回収して、さらに処理したりリサイクルしたりする作業が非常に手がかかってしまいますので、例外はありますが、大都市であればあるほどゴミの分別が大まかな形になっている傾向があります。

また、ゴミの焼却施設のゴミ処理能力が高ければ高いほどゴミの分別は大まかになり、ゴミ処理能力が低ければ低いほどゴミの分別は細かくなる傾向があります。

この情報をもとにすると、ゴミの分別が細かい地域は、人口が少なくて焼却施設の処理能力が低いゴミの分別が大まかな地域は、人口が多くて焼却施設の処理能力が高い、ということになりますね。

もちろん、自治体によっては例外もありますので、一つの目安としての情報です。

まとめ

ゴミの分別の理由、必要性について調べてみましたが、「本当のところはゴミ処理に携わる職員さんだけが知っている!」といったところですね。

それでも、仮にすべて一緒に燃やしているとしたら、それは極秘任務でしょうから教えてはくれないでしょうけどね。

真相は実際に職員になってみないと分からないかもしれませんね…。

-生活の知恵・豆知識
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

歩きスマホの事故!実際に見た3選…わざとぶつかる人も?

歩きスマホをしている人、本当に多いですね。 私も以前まではスマホでゲームをしていましたので、歩きスマホをしている側だったのですが、新しいスマホにした時に、それまでプレイしていたゲームのデータの以降に失 …

子供の車酔いは何歳から?家族旅行や遠足の時の対策を紹介します

旅行やレジャーなどで、家族全員が車でドライブしている楽しいひと時に、親である自分ならまだしも、かわいい子供たちが車酔いになって苦しんでいる姿は、本当に辛い気持ちになりますよね。 大人になれば車酔いをし …

友引の意味とは?結婚式・入籍・納車・開業に縁起が良い?

六曜ってご存知でしょうか? 「友引」「大安」「仏滅」「先負」「先勝」「赤口」の6種類がカレンダーをよく見てみると書かれていますね。 中国が発祥の占いの一種、ゲンかつぎのようなものです。 最近の日本では …

アリゲーターガーが名古屋城外堀で捕獲!人を襲う?飼育方法は?

名古屋城外堀でアリゲーターガーという魚が捕獲されましたね。 2009年以降、「2匹は居る」と目撃情報が飛び交っていましたが、1匹が捕獲されたようです。 まだ少なくとも1匹は居て、それ以上の個体が生息し …

線香花火を長持ちさせるには?関西と関東では違う?くっつけると?

夏の風物詩と言えば、浴衣を着て出かける花火大会ですよね。 ところが、 「花火大会は人が多すぎて苦手」 「子どもが小さいから連れて行けない」 などで、花火大会には行かない、行けないという方も割と多いよう …