一期一会 ~素敵な情報をお届け~

訪問してくださった方々に感謝。少しでもお役立ちできたら幸いです。

将棋

将棋タイトル永世称号とは?条件や資格・永世称号保持者は?

投稿日:

将棋 永世 条件 難易度

羽生善治棋聖が2017年12月5日、第30期竜王戦第5局で、渡辺明竜王を下して竜王タイトルを奪取して「永世竜王」となり、「前人未到の永世七冠を達成する」というニュースが流れましたね。

将棋を知らない人でも羽生善治先生は知っているというほど、「羽生善治」という棋士が成し遂げてきた偉業は数知れません。

そこで気になるのは、「永世七冠」と一言で言っても、「永世」っていう称号を獲得する条件や資格はどのようなものなのか?

どれくらい難易度なのか?

「王座」のタイトルだけ、なぜ「永世」ではなく「名誉」なのか?

永世称号を保持している棋士はどれくらい居るのか?

このあたりを紹介しますね~。

スポンサーリンク

永世称号を得るための条件・資格をタイトルごとに

羽生善治先生が達成した「永世七冠」のすごさは、国民栄誉賞に値するとの声も上がっていますが、将棋界のことをあまり知らない方々にとってはピンと来ないかもしれません。

将棋のタイトルで永世称号を得ることの難易度は、どれほどのものなのでしょうか?

将棋のタイトル 2017年現在

まずは、2017年12月6日現在の将棋タイトルと現在の保持者から見てみましょう。(敬称略)

竜王 → 羽生善治

名人 → 佐藤天彦

王位 → 菅井竜也

王座 → 中村太地

棋王 → 渡辺明

王将 → 久保利明

棋聖 → 羽生善治

叡王 → 2017年にタイトル戦に昇格

現在は2017年に八大タイトルとなりましたが、叡王は「永世」の規定がまだ存在しないので、永世七冠が現在獲得できる全てのタイトルの永世称号です。

将棋タイトル竜王と名人は特別?将棋のタイトルの序列は?

永世資格・条件をタイトルごとに

「永世」の資格・条件が設定されている将棋タイトルは、叡王以外の7つのタイトルです。

それぞれ「永世」の資格・条件が違いますので、見ていきましょう。

【永世竜王】(1996年に制定)
・連続5期
・通算7期

【永世名人】(1949年に制定)
・通算5期

【永世王位】(1997年に制定)
・連続5期
・通算10期

【名誉王座】(1996年に制定)
・連続5期
・通算10期

【永世棋王】(1995年に制定)
・連続5期

【永世王将】(1973年に制定)
・通算10期

【永世棋聖】(1965年に制定)
・通算5期

ここからは現在廃止となったタイトル戦です。

【永世九段】
・連続3期

【永世十段】(1980年に制定)
・通算10期

NHK杯テレビ将棋トーナメントは一般棋戦ですが、称号が設定されています。
【名誉NHK杯選手権者】
・通算優勝回数10回

将棋のタイトルを1期も獲得できずに引退する棋士がほとんどの中、永世称号を得るための条件を達成しようと思うと、本当に一握りの棋士だけです。

永世称号保持者一覧

将棋のタイトルで永世称号を獲得しているほんの一握りの偉大な先生方の一覧を紹介しますね。
(2017年12月6日現在・獲得順・敬称略・※は現役)

【永世竜王】
渡辺明※
羽生善治※

【永世名人】
木村義雄(第十四世名人)
大山康晴(第十五世名人)
中原誠(第十六世名人)
谷川浩司(第十七世名人)※
森内俊之(第十八世名人)※
羽生善治(第十九世名人)※

【永世王位】
大山康晴
中原誠
羽生善治※

【名誉王座】
中原誠
羽生善治※

【永世棋王】
羽生善治※
渡辺明※

【永世王将】
大山康晴
羽生善治※

【永世棋聖】
大山康晴
中原誠
米長邦雄
羽生善治※
佐藤康光※

ここまでが現存する七つの永世称号です。

【永世九段】
塚田正夫

【永世十段】
大山康晴
中原誠

この2つは現在は無くなったタイトルです。

【名誉NHK杯選手権者】
羽生善治※

一般棋戦の「永世(名誉)」称号も羽生善治先生は獲得しているのですね。

なぜ名人だけ第○○世名人になるの?

永世名人の称号を獲得した棋士は、第○○世名人と呼ばれます。

例えば、永世七冠を達成した羽生善治先生は、第十九世名人、もしくは第十九代永世名人の称号が与えられていますね。

名人は非常に歴史が長く、徳川家康の江戸時代にまでさかのぼります。徳川家康が将棋の一番強い人に「名人」という称号を与えたことが始まりで、1612年に名人の称号を得たのが大橋宗桂という人です。

大橋宋桂初代名人から第十三代名人までは、「プロ棋士」という職業では無かったので、プロの制度が設けられた木村義雄第十四世名人以降を、永世名人として後世に語り継がれるようになりました。

スポンサーリンク

将棋タイトルの通算獲得数上位ランキング

将棋のタイトル獲得数の単位は「期」です。

1年に1度タイトル戦がありまして、2017年12月5日に行なわれていたのは、第30期竜王戦で、勝利した羽生善治棋聖は第30期竜王となり、竜王のタイトルを「1期獲得した」ということになります。

タイトル獲得数は2017年12月6日現在の記録です。

将棋タイトル獲得数のランキングのトップ10を紹介しますね。
(※は現役棋士・敬称略)

羽生善治:99期※

大山康晴:80期

中原誠:64期

谷川浩司:27期※

米長邦雄:19期

渡辺明:19期※

佐藤康光:13期※

森内俊之:12期※

加藤一二三:8期

木村義雄:8期

9位タイの獲得期数でさえ1桁の「8期」です。

永世称号の難易度の高さが分かりますし、永世七冠がどれほどの偉業なのか分かりますね!

もっと分かりやすく言えば、2017年12月6日現在、15歳の藤井聡太四段が2018年から3つずつタイトルを獲得していったとしても、羽生善治永世七冠の現在の年齢である47歳になった時には、タイトル数96期で、まだ3期及ばないという…。

名誉王座の理由は?なぜ永世王座じゃないの?

ここまで「永世称号」と言ってきましたが、将棋のタイトルの中で、「王座」だけが「永世王座」ではなく「名誉王座」ですね。

王座だけが特別扱いなのか?ということではありません。

囲碁のタイトルにも王座があり、「名誉王座」という称号がすでに存在したので、将棋界も「名誉王座」ということになったそうです。

スポンサーリンク

まとめ

羽生善治永世七冠が誕生したということで、将棋界のタイトルの永世称号とはどういったものなのか?

永世称号を獲得するための難易度はどんなものなのか?を紹介しました。

2017年、彗星の如く現れた藤井聡太四段で将棋界に注目が集まる中、将棋界のレジェンドが永世七冠という偉業を達成しました。

今後も、将棋界に注目ですね!

スポンサーリンク

-将棋
-,

執筆者:

関連記事

佐々木勇気

佐々木勇気とは?藤井聡太を止めたイケメン棋士戦績・経歴

藤井聡太四段が初めて負けを喫し、連勝が遂にストップしました。 プロデビュー以来、日本将棋界の新記録となる29連勝という破竹の勢いで勝ちに勝っていた藤井聡太四段でしたが、佐々木勇気五段に敗れ、連勝は『2 …

将棋 タイトル 序列

将棋タイトル竜王と名人は特別?将棋のタイトルの序列は?

将棋に大きな注目が集まっていますね。子どもたちが将棋教室へ通い始めるようになるなど、将棋がブームになりつつあります。 藤井聡太さんのデビュー以来29連勝という大躍進があり、将棋への注目度がものすごく高 …