一期一会 ~素敵な情報をお届け~

訪問してくださった方々に感謝。少しでもお役立ちできたら幸いです。

ビジネス豆知識

上座や席次はどうなるの?和室の料亭・宴会・レストランは?

投稿日:2017年4月28日 更新日:

円卓 席次 上座

社会人になると色々なところでマナーを必要とする場面が多いですね。

会議室やエレベーター、タクシーなどでの上座や席次は当然のことなのですが、月に一度の課での飲み会であったり、年に一度の会社の忘年会などの宴会であったり、取引先の方々と親睦を深めるために料亭レストランに行って会食したり、食事を共にする場面でも、どこが上座席次はどうなっていて、一番身分が低い自分はどこに座るべきなのか、と気になることが多いです。

「上座や席次なんて、どうでもいいじゃん。」
「上座に配慮しても分からない人がほとんどだよ。」

と思うのは少々危険です。気にする人は気にするのです。そういう人は、アナタの配慮をしっかりとチェックしているのです。

ビジネスにおいての様々な場面での上座下座席次を紹介していきます。

スポンサーリンク

和室の上座と席次

オフィスに和室がある会社って、相当珍しいかもしれませんが、取引先との商談や、お客様を接待する時に料亭を利用することがあると思います。

そんな時に、和室における上座や席次を押さえておいて損は無いでしょう。

和室の上座は床の間のある位置

和室 床の間 上座
床の間というのは、掛け軸が飾ってあったり、が置いてあったりするスペースです。料亭などの和室では、自然と入口から一番遠い位置に床の間があることが多いので、上座の位置は分かりやすいと思います。

上座 和室 床の間
床の間に対して机が平行に置かれていない和室もあります。その場合は、こういった席次になり①が上座になります。

この机の置き方をされている和室は大抵4人までの部屋ですね。

上座は時と場合によって変化する

あくまで、この席次の位置は一般的なものです。窓から見える景色美しかったりする場合は、この席次が絶対とは限りません。

また、お客様3名、自分を含めた自社側3名の場合は、1つ目の画像では、①と②の間の中心が上座になり、①が②、②が③、③と④の間が④、③が⑤、④が下座になります。

スポンサーリンク

自社の宴会での上座は?席次は気にする?

社内での忘年会や、課での飲み会など、居酒屋ですることもあれば、和室の広い部屋だったり、円卓だったりもします。

場面に応じて上座と下座と席次を把握しておきましょう。

居酒屋の上座と席次

社内での居酒屋での飲み会の場合、上司や先輩も「今日は無礼講だよ」と言ってくれることが多いですが、一応は押さえておきましょう。

ただ、居酒屋の座席はパターンがあり過ぎて一概には言えません。

奥の席を上座と考えるのも良いですし、上司の方がお手洗いが近いのであれば、あまり奥の席をお勧めするのは配慮に欠けるかもしれません。かと言って入り口付近はNGですので、奥まったところでなく入り口や通路に近いところで輪の中心に居てもらえるように配慮しましょう。

和室での宴会の上座と席次

宴会 和室 上座
上座である床の間を基準にして、このような席次になるかと思います。あまり無いことかもしれませんが、和室で会議をする場合もこういった配置になります。

円卓での上座と席次

円卓 上座
円卓は主に中華料理で見ることが多いですね。自社の宴会はもちろんのこと、お客様を接待する時も、上座と下座と席次は同じです。

レストランでの上座と下座と席次

レストランでの会食、接待などビジネスをする上では訪れる場面です。レストランでの上座、下座、席次をしっかりと押さえておきましょう。

レストラン 上座
レストランではこういった席次になります。基本的に入口から一番遠い席が上座になります。

窓からの景色や夜景が美しい場合

レストランにてご自身と上司で、お客様2人を接待することになったとしましょう。そして部屋に入ってみると、上座の後ろが窓になっていて、景色夜景があまりにも美しい場合は、どういった配慮が望ましいと思いますか?

これに関しては例外ですね。

夜景を見ていただきたいからと、③と④の下座にお客様2人を座らせるわけにはいきませんが、部屋に入った時に「お、夜景がキレイに見えるな」と、お客様は気づいています。お客様2人のうち、役職が上の方に「夜景をご覧になられますか?」と尋ねてみると良いでしょう。一番いい席に座っていただきたいという配慮を見せることが、肝心です。

スポンサーリンク

まとめ

上座、下座、席次について紹介しました。「入口から一番遠い位置の席が上座だから、あの席に誘導しないと!」という考え方ではいけません。

今日はあなたに気分良く帰っていただきたい。だから上座に誘導します。」という考え方をしていると、「気分良く帰っていただく」ということを大前提に考えていますから、「お手洗いが近いお客様だから、あまり奥に座ってもらうのは良くないのでは?」や「本来の上座よりも、こちらの席の方が美しい景色が見えるかもしれない」などの配慮が行き届くようになります。

何においても配慮が大切なのです。

また、どの場面でもそうですが、上座に座るべき人が座るまで、下座に座る人は立って待つようにしましょう。これも「あなたがいらっしゃるのをお待ちしていました」という配慮ですね。

スポンサーリンク

-ビジネス豆知識
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

上座 下座

上座と下座の意味は?会議室やタクシー、車での席次はどうなの?

社会人デビューしたての時ももちろんではありますが、ビジネスマンとして長い間働いていても、意外と知らない上座と下座の席次マナー。上座や下座を気にする人が徐々に少なくなってはいますが、ビジネスマナーとして …

退職届

退職願・退職届・辞表の違いとは?円満退職の秘訣を紹介します

勤めている会社を辞めるときに、上司や会社に提出する書類がありますよね。 退職願、退職届、辞表…あれ?それぞれに違いってあるのでしょうか?退職願、退職届、辞表、それぞれに違いがありますし、意味合いも違い …

自宅待機 手当

自宅待機って手当は出る?勤務扱い?出勤停止との違いは?

「自宅待機してください」と会社命令で言われることがありますね。 その場合は、ご自身が健康で何の問題も無く働ける状態でも自宅待機をしなければなりません。 ここで問題になってくるのが、自宅待機を会社都合で …