一期一会 ~気になる情報をお届け~

このサイトに訪問してくださったことに感謝。あなたの知りたいことをお伝えします。

交通ルール

お盆休み2017年はいつ?休み期間から分かるお盆の渋滞予測!

投稿日:2017年5月29日 更新日:

お盆 渋滞 2017

「盆暮れ正月(ぼんくれしょうがつ)」という言葉があるように、日本では、お盆、年の暮れ(年末)、お正月の期間は、家族と一緒に過ごすことが多いですね。

年頃のお子様がいらっしゃるなら、盆暮れ正月も、なかなか一緒に過ごせないこともあるかもしれませんが…。

お盆には長期間のお休みをいただけます。いわゆる「お盆休み」ですね。

お盆休みに、実家へ里帰りしたり、家族旅行に出かけたり、車を利用して外へ出ることが多いかと思います。

そこで出くわすのが、お盆渋滞です。半端じゃない距離の渋滞…。

2017年のお盆休み期間を知ることで、お盆の交通渋滞予測を立ててみました。

もし、お盆に車で出かけられるようでしたら、是非とも参考にしていただければと思います。

あくまでお盆の渋滞予測ですから、すんごい渋滞に巻き込まれたとしても、非難しないでいただけると幸いです…。

スポンサーリンク
  

お盆休みの期間!2017年はいつ?

お盆休みの期間が、会社によっては多少の差がありますよね。

日本全国から社員を雇っているような大企業は、里帰りの期間を社員に与えるということもあり、非常に長いお盆休み期間をとる傾向がありますね。

8月11日「山の日」の恩恵

2016年に、8月11日は「山の日」という祝日が施行されて、お盆休みが増えたという会社は非常に多いのではないかと思います。

それまでは、お盆休みは『8月13日~8月16日』の4日間だけという会社も多かったようですが、山の日が制定・施行されて、『8月11日~8月16日』の6日間にお盆休みが増えましたね。

ちなみに、山の日は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」と記されています。特に山に関するイベントはありませんが、そういった意味を持っています。

山の日のおかげで、お盆の渋滞は多少の緩やかになったのではないかなと思います。

2017年のお盆休みは6連休?

2017年のお盆休みで、一番多い傾向は6連休ではないかなと思います。
お盆休み 2017 6連休
山の日である8月11日から、お盆の終わりである8月16日までの6日間ですね。

2017年のお盆休みは10連休?

10連休というパターンも当然考えられますね。
お盆休み 2017 10連休
もしくは、8月11日の山の日は出勤をして、8月12日の土曜日から8月20日の日曜日までの9連休というパターンもあるでしょう。

スポンサーリンク

お盆の渋滞予測2017年はどうなる?

お盆の帰省ラッシュによる高速道路の渋滞予測していきますね。あくまで予測ですので、ご参考程度に眺めてください。

日ごとに渋滞状況を予測

【8月10日】
11日からお盆休みの方々が多いと思いますが、10日に会社から帰宅して即出発するという猛者もいらっしゃいます。8月10日の夕方から、渋滞とまでは言いませんが下りは混雑する傾向がありますね。

【8月11日】
11日からお盆休みに入る方々がほとんどですから、例年の傾向から下りの渋滞のピークは8月11日と言えるでしょうね。まず午前6時から午前11時くらいにピークを迎えます。この時は20~40kmの渋滞は覚悟しておきましょう。

そして、午後4時から午後9時くらいにもう一度、渋滞が出てきます。約20kmほどの渋滞でしょうか。渋滞が2段階になるのは、朝早くに出発した人、お昼までゆっくりしてから出発した人がいらっしゃるからでしょうね。

【8月12日】
お盆休み2日目の8月12日。8月11日はゆっくりしてから本格的に移動を始める方々、12日からお盆休みの方々で、この日も渋滞は発生します。8月11日と同じくらい、もしくは8月11日よりは少し緩めの渋滞が発生すると予測します。

【8月13日~8月14日】
事故渋滞さえなければ、比較的スムーズに移動できるのではないかと思います。

【8月15日~8月16日】
家へ戻る車で渋滞が多発します。8月15日は午前10時から午後2時は20km前後、そして午後4時から午後10時くらいは30km以上もの渋滞になるのではと予測します。8月16日は午前中に30km以上の渋滞になると思います。

【8月17日~8月20日】
比較的スムーズに動くと思いますが、土日である19日、20日はなるべく避けるようにしたいですね。

渋滞する日は、自分にとって動きやすい時間帯に行動をすると渋滞にハマります。狙い目は渋滞第一波がおさまる時間(昼下がり)、第二波がおさまる時間(夜遅く)が渋滞を避けることができる時間帯かなと思います。

これは、高速道路の渋滞に限らず、新幹線や飛行機を使っての帰省ラッシュにも同じことが言えると思います。自分が動きやすい時間帯は、他の人たちも動きやすいわけですから。

時間や日をずらす工夫をしてみては、いかがでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

お盆の休み期間から、2017年のお盆の渋滞予測をしてみました。

同じ渋滞でも、車が多くて渋滞するのは許せるのですが、事故が絡んだ渋滞だと、ほぼ動けなくなるので勘弁してもらいたいですよね。

お盆の渋滞だけでも30km、40kmになるのに、事故が絡むと壮絶な長さの渋滞になり、しかもほとんど動けないという地獄を味わうことになってしまします。

安全運転を心がけて、無事にお盆休みを過ごせるようにしてくださいね。

もし、渋滞を覚悟で移動をされるなら、食べ物、飲み物、携帯用トイレの準備や、小さいお子様がいらっしゃるなら、グズったとき用の対策もしっかりとしておいてくださいね。

-交通ルール
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ウインカー合図の意味とルールとウインカーを出す正しいタイミング

車を運転していて、まっすぐ走っている時はウインカーを使いませんが、左に曲がりたい時、右に曲がりたい時、それぞれの方向にウインカーを点灯させますね。 時々、運転していて感じることはありませんか? 片側一 …

クラクションの意味とありがとうを上手く小さく鳴らすコツ

車のハンドルの真ん中に設置されているクラクション。 私はほとんどクラクションを使うことはありませんし、私がよく鳴らされるパターンは、赤信号で停まっていて、青信号になったにもかかわらずテレビやDVDなど …

車のハザードの意味!ありがとうの回数は?ハザード駐停車は違法?

幼い頃、私は父が運転する車の助手席に乗り、買い物に連れて行ってもらった時、駐車場でハザードランプを点灯させた父と、こんな会話をしたことを覚えています。 「両方点いてるけど右と左と、どっちに曲がったらい …