一期一会 ~気になる情報をお届け~

このサイトに訪問してくださったことに感謝。あなたの知りたいことをお伝えします。

生活の知恵・豆知識

先負の意味・読み方とは?先負のお葬式・お通夜は大丈夫?

投稿日:2017年6月8日 更新日:

先負 葬式

「先負」っていう言葉を目にしたことはあると思います。カレンダーの中に書かれていますよね。

先負の他にも「仏滅」「大安」「赤口」「先勝」「友引」があり、これらを六曜と呼ばれていて、中国が発祥の現代でいうところの占い・運勢を見るものです。

その中の「先負」に注目してみましょう。

先負の意味とはどういうものなのか?

先負の読み方は何なのか?

「負」という文字が入っているので、あまり良いイメージは湧かないのですが、実際のところはどうなのか?

先負の日に、お葬式や、お通夜をすることになったとしたら、縁起としてはどうなのか?

1周忌などの法事はどうなのか?

見ていきましょう!

先負の意味とは?そもそも読み方は?

「先負」という文字は、カレンダーで見たことはあるかもしれませんが、意味や読み方がピンと来ないのが実際のところですね。

先負の読み方とは?

まずは、読み方から紹介しますね。読み方は多いです。

「せんぶ」「せんぷ」「さきまけ」「さきおい」「せんまけ」の5種類が正解とされています。私もキチンと調べるまでは「さきまけ」と読んでいましたが、一応正解だったようで安心しました。

先負の意味とは?

続いて、先負の意味とはどういうものなのかを見ていきましょう。

意味をキチンと知る前までは「負」という文字が入っていますので、どうしても「先負」は縁起の良くない日なのではないかと思っていました。

実際のところはどうなのでしょうか?

「先んずれば即ち負ける(さきんずればすなわちまける)」という意味ですが、「先んずる」とは「先にする」ということで、1日のうちで「午前」に何かをするのは良くないという意味になり、「午前中は凶、午後は吉」ということになります。

もしくは「先んずる」を「急ぐ」と捉えて、先負の日に「急用」や「勝負すること」を避けた方がいいという意味もあります。

昔は「先負」の日は「小吉」という意味だったようですが、最近では「午前中は凶、午後は吉」とされているようですね。

先負の日にお葬式やお通夜をすることになったら?

お葬式やお通夜の日は、誰かの意志で日程を決めることはできません。その日は突然にやってきます。

お葬式、お通夜が先負の日にすることになった場合、どうすれば良いのか?見ていきましょう。

先負の日のお葬式は大丈夫?

「先んずれば即ち負ける」ので「午前中は凶、午後は吉」とされる「先負」の日に、お葬式をしなければならないとしたら、どうすれば良いのでしょうか?

「お葬式」を「凶事」とするならば、午前中にしたいところではあります。ただ「午後は吉」なので、お葬式とはいえ午後にしたほうがいいのだろうか?という考えも出てきます。

実際のところは、先負の日にお葬式をしても特に問題は無い、というのが答えです。もちろん午前・午後に限らずです。

お葬式を執り行ってもらうのお坊さんは仏教ですが、仏教やその他諸々の宗教と六曜とは、そもそも何の関係も無いもので、気にする必要は全く無いです。

身内の方の中で六曜を気にされる方が仮にいらっしゃったとしても、「まあ!先負の日にお葬式をするなんて、なんて嘆かわしい…!」のようなことは言わないです。

「友引の日にお葬式をするのは良くない」という風習は根強く残っていますが、実際のところは、火葬場が友引の日に定休日にしているところが多くて、お葬式を執り行うのが難しいという事情があるからです。

とはいえ、火葬場さんとしても「さすがに友引の日は火葬しにくい」という考えがあってのことかもしれませんけどね。

要は、「先負の日にお葬式を執り行うのは特に問題は無い」という結論に至ります。

先負の日のお通夜は大丈夫?

「先勝の日にお通夜は良くない」という通説があるのですが、これに関しては「先勝の翌日が友引にあたるので、お葬式の日が友引になるから」であって、特に縁起どうこうということではありません。

先勝の意味や読み方とは?先勝の日のお葬式は?

友引の日にお葬式がNGな本当の理由は?

このことを受けて、先負の日は翌日が仏滅ということで、先負の日にお通夜を執り行うことは特に問題はありません。

先負の日の法事はどうなの?

さて、先負の日に法事を執り行うのは大丈夫かどうかのお話ですが、ここまで読んでこられた方々なら、もう既にお察しのところかなとは思います。

先負の日に法事を執り行うことは、特に問題はありません。

六曜と仏教をはじめとする宗教は関係性は無いですし、六曜を気にする方が身内にいらっしゃったとしても、先負の日がどうこうと拘る方はいないです。

法事となると、友引の日でも実は問題は無いのですが、あえて友引の日に法事をとるのはなるべく避けるほうがいいですね。

まとめ

六曜の中の「先負」の日の意味について、また、先負の日にお葬式やお通夜、法事をとるのは大丈夫かどうかについて紹介しました。

いまだに六曜を気にする人もいらっしゃるようですが、そんな方々の中でも、そこまで気にしないのが「先負」です。

お葬式、お通夜、法事を先負の日にとっても問題は無いので、ご心配なく。

-生活の知恵・豆知識
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

冷蔵庫や冷凍庫の霜はなぜできる?ドライヤーで取れる?霜の対策は?

冷蔵庫や冷凍庫に霜が山ほどできて、口が半分以下になっている光景、よくありますよね? 最近の冷蔵庫や冷凍庫は霜取り機能付きのものが販売されていて、あまり馴染みが無いかもしれませんが、我が家で使用している …

機内持ち込みスーツケースのサイズや重さや液体に関するまとめ

機内持ち込みスーツケースに関するお悩みは、海外旅行や国内旅行を問わず、飛行機を利用する際に、必ず浮上してくる不安要素ですよね。 一言で「飛行機」といえど、会社はたくさんありますし、国際線と国内線もあり …

部屋干しの臭い(におい)なぜ?原因と解消法を知り完全対策

梅雨の季節や雨が続いたりすると洗濯物を外で干せないので、部屋干しをすることが多くなると思います。 また、花粉症だったり黄砂がたくさん舞う時期にも、洗濯物を外で干さずに部屋干しする機会が増えますね。 そ …

赤ちゃんに日焼け止めは必要?いつから使うの?アトピーの子は?

赤ちゃんに日焼け止めは必要なのか? 日焼け止めを使うとしたら、月齢でいつから大丈夫なのか? アトピー持ちだったり、お肌の弱い子だったり、そんな赤ちゃんの日焼け対策は? 赤ちゃん用の日焼け止めクリームな …

東京ドームの終電は?水道橋駅と後楽園駅と春日駅の終電は何時?

東京ドームからの終電って何時なんだろう?って地方に住む私には関心の無いことだったのですが、2017年3月12日に東京ドームで開催されたWBC(ワールドベースボールクラシック)の2次ラウンド初戦、侍ジャ …