一期一会 ~気になる情報をお届け~

このサイトに訪問してくださったことに感謝。あなたの知りたいことをお伝えします。

生活の知恵・豆知識

赤ちゃんに日焼け止めは必要?いつから使うの?アトピーの子は?

投稿日:

赤ちゃんに日焼け止めは必要なのか?
日焼け止めを使うとしたら、月齢でいつから大丈夫なのか?
アトピー持ちだったり、お肌の弱い子だったり、そんな赤ちゃんの日焼け対策は?

赤ちゃん用の日焼け止めクリームなどがたくさん発売されているのを見ると、やっぱり赤ちゃんにも日焼け止めを塗ってあげる必要がある、もしくは塗ってあげたほうが良いような時代の流れになっていますね。

自分が赤ちゃんだった頃の記憶ってもちろん定かではないのですが、現在ほど、紫外線対策は重要視されていませんでした。昔と今とでは、紫外線対策の重要度がかなり違います。

皆さんの大切な赤ちゃんの日焼け対策について紹介していきます。

赤ちゃんに日焼け止めを塗る必要はある?

海やプールなどへ出かけた時に、ベビー用の日焼け止めをたっぷりと塗られて真っ白になった赤ちゃんが嫌がってずっと泣いていたり、口元に塗った日焼け止めを舐めてしまって誤飲して、大騒ぎになっているのを目にしたこともあり、赤ちゃんに日焼け止めを塗ること自体、そもそも必要なの?と疑問に思ってしまうこともあります。

ただ、実際に外をお散歩したり、ベビーカーに乗せて一緒に連れて歩いたりする時に日差しが強いと、どうしても紫外線が気になるところですよね。

じゃあ、赤ちゃんの間は、日差しが当たらないように外に出させないほうがいいのか?というとそうでもありません。太陽の光を浴びることは大切なのです。適度な日光浴をすることで皮膚そのものが鍛えられますし、予防できる病気もあるのです。

・お肌を傷つけない程度の日光を浴びるために、紫外線はキチンとカットできる日焼け止めは塗ってあげたい。
・でも日焼け止めそのものでお肌を傷つけないようにも気をつけたい。

では、赤ちゃんに日焼け止めを塗ってあげるとして、月齢のいつ頃から使用したらいいのか?アトピー持ちなどで肌が弱くて日焼け止めを使用できない子への紫外線対策はどうすればいいのか?を紹介していきます。

赤ちゃんに日焼け止めを塗っていいのはいつから?

赤ちゃんに日焼け止めを塗ってあげるのはいつから大丈夫なのか、という見解は、皮膚科の先生によっても差があるようですね。その赤ちゃん自身の皮膚の強さなどにも左右されますが、「月齢6ヶ月」がある程度の目安になります。

6ヶ月未満の赤ちゃんだと、日焼け止めを使用することによってアレルギー反応が出てしまう恐れがあるようです。お肌を守ってあげようと対策したのにアレルギー反応が出てしまっては本末転倒です。6ヶ月がある程度の基準ですので、チェックしておきましょう。

赤ちゃんに日焼け止めを塗るけどアトピー持ちなら?

アトピー持ちの赤ちゃんには日焼け止めは使用しないほうがいいのか?という疑問が浮かんできますが、アトピー持ちの赤ちゃん用の日焼け止め対策クリームもたくさん発売されています。ご自身の赤ちゃんがアトピー持ちかどうか、またはお肌の弱い子かキチンと把握してから日焼け止めを使用するようにしましょう。

赤ちゃん用の日焼け止めクリームは、どれも基本的にはお肌に優しいものなのですが、乳児湿疹の出ている赤ちゃんには、日焼け止めを塗ってはいけません。湿疹が悪化する原因になります。

そして、一番重要なチェック項目なのですが、日焼け止めの中に、「紫外線吸収剤」が含まれているものは、どんな赤ちゃんに対しても使用してはいけません。肌への負担が非常に大きく、赤ちゃんの肌には刺激が非常に強すぎるのです。「紫外線吸収剤不使用」と書かれている日焼け止めを選んであげてください。似た名前の「紫外線散乱剤」はOKです。

NGは「紫外線吸収剤」
OKは「紫外線散乱剤」

ここを押さえておきましょう!

日焼け止めを使わずに出来る赤ちゃん日焼け対策方法

赤ちゃんの日焼け止めについて紹介してきましたが、それでもやぱり、日焼け止めを使わないで出来る日焼け対策はないだろうか?と思う方は多いと思います。そこで、日焼け止めを使わない赤ちゃんの日焼け対策を紹介します。

長袖の服帽子を着せてあげましょう。通気性の良いタオル地のものが好ましいです。抱っこ紐などで赤ちゃんを抱っこしている時は、日傘を使用して紫外線をガードしてあげましょう。

暑い時期に長袖を着せるのは可哀想と思うかもしれませんが、紫外線に晒されるほうがリスクは大きいです。水分補給をキチンとしてあげるように心がけてくださいね。また、汗をかきますから、着替えをいくつか常に持ち歩いてあげるようにしましょう。衣服が汗でいっぱいになったら、すぐに着替えさせてあげましょう。

抱っこする時も、ベビーカーに載せてあげるときも、「UVケープ」を使用するといいです。吸水速乾で紫外線もカットしてくれます。さらにUVケープは、暑い外から、大型スーパーなどの冷房の効いたところへ移動した際の、冷房対策にもなる優れものです!

そして、これは基本的な対策なのですが、紫外線が非常に強い時間帯とされる午前10時~午後2時頃の外出は避けることですね。また、大人よりも大量に汗をかく赤ちゃんは紫外線よりも暑さそのものに負けてしまいます。なるべくこの時間帯の外出は避けてあげるようにしましょう。

まとめ

・赤ちゃんに日焼け止めを使用するのは月齢6ヶ月以降が一定の基準
・「紫外線吸収剤」が含まれている日焼け止めはNG
・「紫外線散乱剤」は似た名前ですがOK
・アトピー持ちの赤ちゃん用の日焼け止めも販売されている
・日焼け止めを使用しない日焼け対策もある

赤ちゃんの肌をキチンと把握して、必要に応じて日焼け止めを使用するようにしてあげましょう。

-生活の知恵・豆知識
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

線香花火を長持ちさせるには?関西と関東では違う?くっつけると?

夏の風物詩と言えば、浴衣を着て出かける花火大会ですよね。 ところが、 「花火大会は人が多すぎて苦手」 「子どもが小さいから連れて行けない」 などで、花火大会には行かない、行けないという方も割と多いよう …

ゴキブリ対策の3つのポイント!エアコン・排水溝・ベランダの対策!

世の中の一番の嫌われものって何でしょうか? 人それぞれ好き嫌いはありますが、全人類が共通して嫌いなものと言えば、ゴキブリではないでしょうか。「ゴキブリが大好き!」「ペットで飼っている!」という人は、聞 …

夏野菜カレーの具材の定番は?そもそも何が夏野菜?ひき肉が合う?

夏野菜カレー、お好きですか?私はカレーの中でも1,2を争うくらい大好きです! ただ、夏野菜カレーなんていう言葉は、私が小さい頃にはありませんでした。「夏野菜」という言葉ももしかしたら無かったかもしれま …

子供の車酔いは何歳から?家族旅行や遠足の時の対策を紹介します

旅行やレジャーなどで、家族全員が車でドライブしている楽しいひと時に、親である自分ならまだしも、かわいい子供たちが車酔いになって苦しんでいる姿は、本当に辛い気持ちになりますよね。 大人になれば車酔いをし …

機内持ち込みスーツケースのサイズや重さや液体に関するまとめ

機内持ち込みスーツケースに関するお悩みは、海外旅行や国内旅行を問わず、飛行機を利用する際に、必ず浮上してくる不安要素ですよね。 一言で「飛行機」といえど、会社はたくさんありますし、国際線と国内線もあり …