一期一会 ~気になる情報をお届け~

このサイトに訪問してくださったことに感謝。あなたの知りたいことをお伝えします。

天気・気象用語

菜種梅雨っていつまでなの?意味は?そもそも菜種梅雨の原因は?

投稿日:

菜の花

菜種梅雨という言葉を聞いたことはありませんか?

春先に天気予報を見ていたら、気象予報士さんがサラッと「菜種梅雨」という言葉を口にすることがあります。読み方は「菜種梅雨なたねつゆ)」と、そのままの読み方です。

梅雨といえば、6月頃の雨降りの時期のことですが、菜種梅雨っていつからいつまでの時期なのでしょうか?また、どういった意味があるのでしょうか?そもそも梅雨以外の時期に発生する菜種梅雨の原因って何なの?

色々と調べてみましたが、入学式や入社式などで時候の挨拶として用いられたり、俳句の季語として使われたりもするそうなのです。そんな「菜種梅雨」について、色々調べてみました!

知っておくと、春に降る嫌な雨も、「うんうん、知ってる知ってる。」と上から目線で乗り越えることができるかもしれませんよ。

スポンサーリンク
  

菜種梅雨っていつからいつまでの時期?

まずは、菜種梅雨と呼ばれる時期がいつからいつまでなのかを紹介します。勘の良い方ならば、もうすでにお気づきかもしれませんね。

まず前の2文字に注目しましょう。「菜種(なたね)」ですね。アブラナ菜の花のことで、菜種は作物名としての正式名称にあたります。菜の花といえば、春の風物詩の一つですね。黄色く咲き乱れた菜の花を見ると春の訪れを実感します。そんな菜の花が咲く春の時期にかけて、降り続くこと雨を菜種梅雨といいます。

菜種梅雨の時期はいつからいつまでなのか?」という問いには、「3月下旬から4月上旬にかけて」といった答えが適当だと思います。

菜の花

菜種梅雨の意味は?「菜種」になった由来は?

続いては、菜種梅雨の意味についてです。ただの梅雨ではなく、菜種という言葉が引っ付いているわけですから、何かしらの意味があるはずです。先ほども紹介しましたが、菜種(菜の花)が咲く時期に、雨が続くことを菜種梅雨といいます。

花が咲き誇る春(3月下旬から4月上旬)に降る雨で、つぼみが花開くことを催すように降る雨ということで、菜種梅雨は別名で「催花雨(さいかう)」と呼ばれます。

「さいか」というのは「菜花」と書けることと、雨の降る時期が菜の花の季節ということもあって、「催花雨」→「菜花雨」→「菜種梅雨」という説もあるそうです。

菜種梅雨の原因と役目は?

寒かった冬が去り始め、少し暖かくなってきた頃に、雨が続いて気分が憂鬱になることってありませんか?

「もうすぐ入学式のシーズンなのに、雨が降り続くと気分が落ち着かない…」
「桜が咲き始める頃に、どうしてこんなに雨が続くんだろう?」

と3月下旬から4月上旬にかけて、毎年思っていませんか?これこそまさしく菜種梅雨ですね。

どうして、3月下旬から4月上旬にかけてに雨が続いてしまうのか?

専門的な話になってしまうのですが…、

この時期は、日本列島の本州の南側(太平洋側)の海上に前線が停滞しやすいようで、そうなると太平洋側が広い雲に覆われることになり、関東から九州にかけての太平洋側では、ぐずついた天気が続いてしまうことが多いです。コレが菜種梅雨の原因なのです。ですから、北日本では菜種梅雨は降らないと考えていいでしょう。

前述しましたが、菜種梅雨は、つぼみが花開くことを催す雨(催花雨)と言われますから、桜や菜の花をはじめとした春の花を咲かせてくれる役目があります。菜種梅雨が終わる頃、本格的な春到来となるわけですね。

スポンサーリンク

菜種梅雨は時候の挨拶や俳句の季語で使われる?

入学式や入社式でのお偉い様方の挨拶で、菜種梅雨が時候の挨拶として使われることがあるようですね。あまり、ああいった挨拶はキチンと聞いたことがないので記憶にはございませんが…(苦笑)。

入学式、入社式などは、まさに菜種梅雨の時期と重なります。

仮に式の当日が暖かい春の陽気だった場合は、「陽春の候」などを挨拶の冒頭で用いられることが多いですが、雨が降っていたり、まだ肌寒さが残る場合は、挨拶のくくりの部分で「菜種梅雨が続いておりますが…」のような挿入の仕方をするそうです。

俳句にも季語として、菜種梅雨が用いられることがあります。もちろん、春の季語としてです。

閑田梅月さん作の俳句です。
『海の色 分かちて濁る 菜種梅雨』

このような感じですね。

入学式

菜種梅雨以外の○○梅雨はあるの?

菜種梅雨以外の○○梅雨の表現をサラッと紹介しますね。

走り梅雨梅雨の走り迎え梅雨
梅雨が本格的に始まる前の5月から6月頃に、梅雨に似た降雨が続く日が続いた時に、このような表現が使われます。気象予報でこの表現が使われているのを聞くと「もう梅雨でいいじゃん…」って思ってしまいます。

梅雨寒(つゆざむ)・梅雨冷(つゆびえ)
本格的な梅雨の時期に肌寒く感じる日があると、この表現が使われます。

梅雨晴れ(つゆばれ)
梅雨が始まってから梅雨が終わるまでの期間に、晴れ間が見えることです。最近はわりと梅雨晴れが多いですよね。すごく湿度が高くて暑いので過ごしにくい日です。梅雨晴れの日は、特に熱中症に気をつけてくださいね。

空梅雨(からつゆ)
梅雨の時期に雨があまり降らない時に用いられる言葉です。この言葉もここ数年、よく耳にする気がします。

さざんか梅雨
山茶花(さざんか)が咲く季節、いわゆる11月下旬から12月上旬にかけて、梅雨の季節のように雨が続くと、さざんか梅雨という表現が使われるそうです。

他にも色々と梅雨の付く日本語はあるとは思います。もしご存知であれば、教えてくださいね!

スポンサーリンク

まとめ

菜種梅雨という言葉は春を表す季語としても用いられるほど、風情のある言葉です。

雨が降ると気分が沈みがちになってしまうかもしれませんが、3月下旬から4月上旬に雨が続いたら、「お!これは菜種梅雨だな。この雨が花を咲かせてくれるから、もうすぐ春がやってくるんだ!」と、気分を高める材料にしたいところですね。

天気予報で菜種梅雨って言葉がでてきたら、ニヤリとしましょうね!

-天気・気象用語
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ゲリラ豪雨の意味は?原因と対策!いつからゲリラ豪雨は始まった?

「ゲリラ豪雨が都心部を襲い、地下から水が溢れています。」 「ゲリラ豪雨のため、山間部に土砂崩れの恐れがあります。」 ニュースを見ていると「ゲリラ豪雨」という言葉を耳にすることが、ちょくちょくありますね …

梅雨入り梅雨明け2017年はいつ?北海道は梅雨の時期が無い?

日本列島では、毎年5月半ばから、7月半ばにかけて「梅雨」の季節がやってきます。 基本的に、沖縄から梅雨入りが始まり、九州、四国、中国地方、近畿、東海、関東、北陸、東北と日本列島を駆け抜けていく「梅雨」 …