一期一会 ~気になる情報をお届け~

このサイトに訪問してくださったことに感謝。あなたの知りたいことをお伝えします。

七夕 日本の行事・イベント

七夕の食べ物を由来や風習を辿るとそうめんが正解?七夕ゼリーって?

投稿日:

七夕 そうめん

七夕、もしくは7月7日と聞いて、思い付くことって何でしょうか。

・笹の葉に飾り付けをして短冊にお願い事を書いて笹にくくると願い事が叶う
・織姫と彦星が1年に1度だけ再会することを許された日

といったところが、メインの行事ですよね。

七夕は別名「七夕(しちせき)の節句」と言われ、日本の五節句のうちの一つなのです。節句と言えば、何かそれに由来する食べ物がありますよね。

1月7日は七草粥、5月5日は柏餅・ちまき、ですが、七夕の食べ物…?いったい何を食べたらいいのやら…?

幼い頃の記憶を辿っても、「七夕の食べ物はコレ!」と教えられたことはありませんでしたし、幼稚園や小学校でも、七夕と言えば、笹の葉に願い事を書くことがメインでした。

七夕の由来や風習を辿ってみて、七夕の7月7日には、どのような食べ物を食べるといいのか?

また、最近、給食や通販で話題の七夕ゼリーについても調べてみました。

スポンサーリンク
  

七夕の食べ物の由来や風習

七夕の食べ物にまつわる由来は、遠い昔の中国のお話から来ていると言われています。

呪いを沈めるための「索餅(さくべい)」

遠い遠い昔の中国を治めていた帝(みかど)の子どもが、幼くして亡くなってしまいました。亡くなったその日は7月7日でした。

悲しみにくれる帝でしたが、最悪の事態はそれだけではありませんでした。その子どもが「一本足の鬼」と化してしまい、次々と人々に熱病を流行らせて、亡くなってしまう人々が続出してしまったのです。

幼くしてこの世を去ってしまったことへの怨念が、このような事態を起こしているのではないかと考えた人々は、帝の子どもが生前に大好物だった「索餅(さくべい)」をお供えしたことで、その熱病の伝染は鎮まったと言われています。

それ以降、7月7日には索餅を人々も食べる風習がついたということが元々の由来だそうです。

索餅とは?どんな食べ物なの?

昔の中国のお菓子で、小麦粉と米粉を水で練って塩を振り、乾燥させて作られたものです。食べる時は、お湯で茹でてからしょうゆなどをつけて食べたそうです。

その形が、縄を練ったような形をしていたことから、麦縄(むぎなわ)とも呼ばれていたそうです。

スポンサーリンク

日本に伝わって素麺(そうめん)になった?

索餅が日本に伝わったのは、奈良時代のことです。中国は唐と呼ばれている時代でした。

奈良時代には夏の保存食として重宝され、平安時代には七夕やお盆などの祭事などに出されるようになり、特に七夕では元々の由来や中国の風習と同じく、病払いのお祈りをして食べられていたようです。

索餅から素麺(そうめん)に変化したのは江戸時代のことです。7月7日にそうめんをお供えして、そうめんを食べたそうです。そうめんを作る原料に米粉は含まれていませんが、小麦粉を水で練って塩を加える点が索餅と似ています。

七夕の食べ物の由来を辿ると、そうめんを七夕に食べるのが相応しいということが分かりますね。病気除けの意味があるとのことなので、頭の片隅に置きながら、七夕にそうめんを食べるようにしましょう。

そうめんを食べるのは、食欲が湧きにくい暑い夏に、簡単に胃に運べて、清涼感があるからだと思っていたので、夏の盛りである七夕の7月7日に食べるという理由も知って、すごく賢くなった気分です。

七夕ゼリーとは?給食や通販で話題

七夕の由来を辿って、相応しい食べ物がそうめんであることが分かりましたが、とあるインターネット通販を見ていると、七夕ゼリーなるものがあることを知りました。

この時は、七夕の食べ物の由来なんて知らなかったので、「七夕ゼリー?笹の葉の味がするのかな?」なんて思ってしまいました。

味を調べてみると、メロン味や色々なフルーツ味があり、透明ゼリーの中に、星型をかたどったゼリーが入っていて、これもフルーツの味がするようです。

何の気なしに私の子どもに七夕ゼリーのことを話してみると、学校の給食で出たことがあるとのこと!

意味も無く捨てずに置いてあった(笑)給食の献立表を見てみると…、確かに7月7日に「七夕ゼリー」が書かれていました!

七夕ゼリーのレシピもあるようですね。どなたかがご自分で作られた七夕ゼリーの画像がありました。

七夕ゼリー

すごく素敵ですね!

材料もスーパーで簡単に手に入るものばかりなのですが…、お菓子つくりが苦手な私は…パスです…。

子どもたちには七夕ゼリーを通販で購入して、7月7日の七夕に、そうめんと七夕ゼリーを食べさせてあげようかなと思います。

スポンサーリンク

まとめ

七夕の食べ物の由来と、七夕ゼリーついて紹介しました。七夕の食べ物は、そうめんだったんですね。知りませんでした。

日本の五節句と呼ばれる行事はもちろんのこと、昔からの風習がある食べ物には必ずキチンとした理由がありますね。

厄払いや、病気除けなどのお供えが由来になっていることが多いようですが、食べ物の由来を知ることって大事ですね。

単に「昔からの風習だから」という理由で食べるよりも、「○○という風習だから」と知った上で食べるほうが、ありがたみも感じられますよ!

-七夕, 日本の行事・イベント
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

大曲の花火2017年夏の開催日は?交通アクセス・宿泊ホテル情報

秋田で開催される『大曲の花火』(第91回全国花火競技大会)夏の章が2017年も開催されます! 全国で開催される夏の花火大会の中でも、指折りの人気を誇る大曲の花火!全国各地から観客が集まるほどの熱気に包 …

プレミアムフライデーの由来とは?いつから?経済効果は?

プレミアムフライデーが実施されましたね。 プレミアムフライデーという単語だけが先行して、実際に何をしてくれるのか、いつから実施されるのか、どれくらいの経済効果があるのか、実施企業、参加企業はあるのかな …

織姫と彦星物語の真実!3秒に1回再会?七夕の子ども向けの話し方

七夕の由来ってご存知ですか? 織姫と彦星は1年に1度しか会えないという切ない物語を知ってはいますが、保育園や子どもたちに対して、どのように教えるといいでしょうか? また、七夕では短冊に願い事を書くと、 …

母の日にカーネーションを贈る由来は?なぜ?花言葉は?

お花屋さんにて 「母の日に贈る花はカーネーションですよ。」 「そうなんですか。じゃカーネーションを10本下さい。」 「はい。ありがとうございます。」 こんな会話が当たり前のように交わされますね。 母の …

茂原七夕祭り2017の日程!アクセス方法やイベント情報はココ!

7月と言えば、七夕のイベントが全国各地で開催されます。 関東三大七夕祭りの1つである「茂原七夕まつり」について紹介します。他の2つの七夕祭りは「ひらつか七夕まつり」「入間川七夕まつり」です。 千葉県に …