一期一会 ~気になる情報をお届け~

このサイトに訪問してくださったことに感謝。あなたの知りたいことをお伝えします。

ビジネス豆知識

上座と下座の意味は?会議室やタクシー、車での席次はどうなの?

投稿日:

上座 下座

社会人デビューしたての時ももちろんではありますが、ビジネスマンとして長い間働いていても、意外と知らない上座と下座の席次マナー。上座や下座を気にする人が徐々に少なくなってはいますが、ビジネスマナーとして知っておいて損はありません。

ご自身が上の立場になった時、配慮を受ける客側の時に「上座なんて気にしないですよ」「どうでもいいことですよ」「そんな気遣いいらないですよ」と言ってあげるならいいのですが、配慮しないといけない立場の時に、そんなことは言えませんからね。

社会人としての歴が浅い時は、上司や先輩に対して、ある程度の地位になってきたら、取引先の社長さんや重役さんらを相手に、上座、下座を気にしないといけない場面が増えるでしょう。

「単純に偉い人から順番に奥から座ればいい」と思っていただいて大丈夫なのですが、「じゃあ、2番目は?3番目は?」となると難しいですよね。

上座と下座でなく席次も気になるところです。

会議室は?
タクシーは?
エレベーターは?
はたまた、社用車の場合は?

そもそも、上座と下座の意味は何なのかもあわせて紹介していきます。

スポンサーリンク
  

上座と下座の意味は?読み方は?

ビジネスマナーにおいて押さえておきたい「上座」「下座」についてですが、まずは、念のために読み方から説明します。

上座と下座の読み方

一般的には「上座(かみざ)」「下座(しもざ)」というのがよく言われる読み方ですが、「じょうざ」「げざ」という読み方もあるようですが、耳にしたことが無いに等しいと思いますので、「上座(かみざ)」「下座(しもざ)」で良いと思います。

上座と下座の意味とは?

日本では言葉においても「敬語」という概念があるくらいですので、上座、下座は日本独自の文化と言えます。他国でも、上座、下座に近い認識がある国もありますが、日本とはルールが多少違います。

上座とは、身分の高い人を敬うために決められた座る位置のことです。大抵の場合は、入口から最も遠い位置の座席が上座となり、入口に最も近い座席を下座となります。

現在においては、年長者に対しての敬意を表すものであったり、来客に対してもおもてなしの気持ちを示すものとして、上座と下座を使います。

会議室・エレベーターなどの上座と下座

ビジネスマンにおいて、よく出くわす場面だと思います。

会社によっては、席次が決められていて机に役職の札を置くマニュアルが用意されていることがありますが、会議室の準備をする際に、「どこが上座?どんな順番?」と悩むこともあるでしょう。

会議室の上座と下座と席次

会議室 上座
会議においての議長が居るなら、議長が1に座ります。もし議長が居ないなら、会議に出席する役職の順番で1から順に座ります。

上座以降の席次は、入口から遠い順に座っていき、入口に最も近い7が下座になります。

エレベーターの上座と下座

エレベーター 上座
エレベーターに4人で乗りこむ場合は、一番下の人が外で「開」ボタンを押し、役職の高い人から数字順に乗り、一番下の人が最後に乗り込み「操作ボタン」を操作します。上座は1、下座は4となります。

降りる際も上座から数字順に降りて、下座の4が最後に降りましょう。

エレベーター 上座
5人の場合も同様です。降りる際は、4が3側に寄って、上座の1と2に先に降りてもらっても良いですし、4が先に降りて、エレベーターを出たところで1と2が出るのを待つのも良いでしょう。下座の5は全員が降りてから降りましょう。

また、4人の時も5人の時も同様ですが、下座の人は上座の人に背を向ける立ち方をせず、操作ボタンから90度内側を向いて立つようにしましょう。

スポンサーリンク

タクシーや車の運転時の上座と下座と席次

ビジネスマンは社内だけで仕事をするわけではありません。上司とタクシーに乗ったり、社用車にお客様と上司と先輩を乗せたり、様々なパターンに出くわします。

そんな時の上座と下座と席次をしっかりと押さえておきましょう。

タクシーの上座と下座と席次

タクシー 上座
タクシー 上座
上座は運転手の後ろということになりますね。そして、下座はタクシーの運転手に対して道案内をすることもあるでしょうから助手席となります。

これは、あくまで一般的な席次です。仮に、上座に座るべき人が車酔いしやすいなどの事情がある場合は、事前に尋ねておいたり、助手席に座ってもらうという配慮が大事です。

誰かが運転する場合の上座と下座と席次

車 5人乗り 上座
メンバーの中で誰かが運転する場合は、助手席が上座になります。ゆったりと座っていただくという計らいですね。4人で乗る場合も同様です。

ただし、3人で乗る場合は、後部座席にゆったりと1人で座ってもらうということで、上座の位置が変わる場合があります。この場合も、上座に座るべき人に尋ねると良いでしょう。

タクシーに乗る時も、自社の社用車に乗る時も同じなのですが、「自分・上司・お客様(平社員)・お客様(役員)」だった場合は、上座に座るべき人は、自分の上司ではないですよ!お客様(役員)、お客様(平社員)、上司、自分という順番になることをお忘れなく。

スポンサーリンク

まとめ

上座、下座、席次について紹介しました。

その場に応じて、上座に座るべき人は誰なのか、誰に一番敬意を払うべきなのかを見極めることが大切です。

前述したように、車酔いをされる場合などがある場合は、上座を無理強いせずに、その人に配慮をすることが一番大切であるということを大前提に考えるようにしましょう。

-ビジネス豆知識
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

上座や席次はどうなるの?和室の料亭・宴会・レストランは?

社会人になると色々なところでマナーを必要とする場面が多いですね。 会議室やエレベーター、タクシーなどでの上座や席次は当然のことなのですが、月に一度の課での飲み会であったり、年に一度の会社の忘年会などの …

退職願・退職届・辞表の違いとは?円満退職の秘訣を紹介します

勤めている会社を辞めるときに、上司や会社に提出する書類がありますよね。 退職願、退職届、辞表…あれ?それぞれに違いってあるのでしょうか?退職願、退職届、辞表、それぞれに違いがありますし、意味合いも違い …