一期一会 ~気になる情報をお届け~

このサイトに訪問してくださったことに感謝。あなたの知りたいことをお伝えします。

日本の行事・イベント

お盆に作るきゅうりの馬とナスの牛の意味とお盆後の処分方法

投稿日:

お盆 きゅうり 馬

お盆の時期、実家に帰る帰省ラッシュや、お盆休みに家族旅行へ行ったりと、人の動きが慌ただしくなるのがお盆の時期ですね。

私はと言いますと、夫婦そろって実家が近いところに住んでいますから、帰省ラッシュというモノを体験したことがありません。

実家が近いということで、両家のお墓も家から割りと近いところにありますので、お盆のお墓参りは欠かさずにさせてもらっています。

そんなお盆の時期なると、気になることがあります。

きゅうりで作られた」「ナスで作られた」です。

きゅうりに爪楊枝を4本さして作られる馬と、ナスに爪楊枝を4本さして作られる牛ですね。

爪楊枝の代わりに割り箸一膳を半分に折って4本足にすることもあります。

こういったモノには、必ず古くから伝えられた由来と意味というものが存在します。

きゅうりの馬に込められた由来と本当の意味、ナスの牛に込められた由来と本当の意味をじっくりと見ていきましょう。

目からウロコが落ちるような意味が込められていますよ~!

  

お盆のきゅうり馬・ナス牛の由来とは?

お盆に飾るきゅうりで作られた馬、ナスで作られた牛ですが、こんな凡庸な呼び方ではなく、キチンとした名前があるようです。

精霊馬・精霊牛

なんと…こんな立派な名前があったのですね…。

きゅうりで作られた馬:精霊馬
ナスで作られた牛:精霊牛

読み方は、精霊馬(しょうりょううま)・精霊牛(しょうりょううし)です。

2つをひっくるめて精霊馬と呼ぶこともあるそうです。

では、お盆にどうして精霊馬・精霊牛を作るようになったのでしょうか?

精霊馬・精霊牛の由来と意味

お盆には、亡くなった先祖の魂がこの世に戻ってくるとされています。だから、お盆に先祖に会いに行くためにお墓参りをするのです。

先祖の魂があの世からこの世に帰ってくる時は、きゅうりで作られた精霊馬に乗って早く帰ってこれるよう、少しでも長い時間をこの世に居てもらえるように、お盆が終わって、この世からあの世へ戻る時は、ナスで作られた牛に乗って、かつて住んでいたこの世の景色をゆっくりと楽しみながら帰って行ってもらえるように、という意味が込められています。

やはりキチンとした由来や意味が込められているんですね。

馬と牛をなぜきゅうりとナスで作るのか?

「精霊馬を馬の好物であるにんじんで作ったらいけないの?」
「精霊牛はジャガイモの方が牛っぽく見えない?」
などと思ってしまうかもしれませんが、厳密に言えば、きゅうりとナスである理由は無いようです。

この風習が広まった頃に、お盆の季節である「」にできる野菜、いわゆる夏野菜で馬と牛を作った結果、夏野菜の代表格である「きゅうり」と「ナス」が選ばれたということです。

沖縄県ではサトウキビがお盆に特徴アリ

沖縄県では、沖縄名物であるサトウキビがお盆に帰ってくる先祖の魂に供えるようです。

長いサトウキビと、短いサトウキビがお盆前になると売られているようで、長いサトウキビは、先祖の魂があの世からこの世へ帰ってくる時に杖として使うため、短いサトウキビは、先祖の魂があの世へ戻る時に天秤のようにお土産を両端に吊って持って帰ってもらうため、という由来と意味があるみたいです。

関西では風習が無い?

きゅうりで作られた精霊馬、ナスで作られた精霊牛の風習は、東日本(関東)のお盆でよく見られる風習で、西日本(関西)では、あまり見られない風習のようですね。

正しい置き方とお盆後の処分方法

精霊馬精霊牛を見たことはありますが、正しい置き方があるのでしょうか?

精霊馬・精霊牛はいつからいつまで飾るの?

一言でお盆の期間と言われても、いつからいつまでなのか分からないかもしれません。

お盆の期間は、地域によって多少の差があるかもしれませんが、8月13日~8月16日と言われています。

2017年は8月13日の日曜日から、8月16日の水曜日までです。

精霊馬・精霊牛の正しい置き方は?

精霊馬も精霊牛もヘタが付いている方を頭に見立てます。

頭を向ける方向ですが、色々な宗教や宗派がありますから、細かいルールの違いなどで差はあるかもしれませんが、一般的には、迎える馬が内向き、送る牛は外向きに置きます。

方角で言うと、先祖の魂は「」から帰ってくると言いますので、きゅうりの精霊馬を西向きに、ナスの精霊牛を東向きに置くのが正しい置き方とされています。

お盆後の正しい処分方法は?

「処分」という言葉が正しいとは決して思いませんが、お盆が終わるとその役目は終わります。

食べ物で作ったものですから、どのようにして処分をすれば良いか困りますね。

基本的に、食べるのはNGです。

半紙やキッチンペーパーなどの白い紙に包んで、塩でお清めをしてからゴミ箱に捨てても良いです。

もしくは、きれいな川や海に流し(不法投棄などと言われるかもしれませんのでおススメはできません)たり、土に返すという意味を込めて土に埋めるのも良いとされています。

食べ物なのでもったいない、と食べてしまうのはNGですのでお気をつけ下さい。

まとめ

お盆に見るきゅうりで作られた馬、ナスで作られた牛について紹介しました。

古くからの風習は、キチンとした由来や意味を知ると本当に勉強になりますね。先人の知恵を少しでも活かした生き方をしていきたいものです。

-日本の行事・イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

七夕の食べ物を由来や風習を辿るとそうめんが正解?七夕ゼリーって?

七夕、もしくは7月7日と聞いて、思い付くことって何でしょうか。 ・笹の葉に飾り付けをして短冊にお願い事を書いて笹にくくると願い事が叶う ・織姫と彦星が1年に1度だけ再会することを許された日 といったと …

プレミアムフライデーの由来とは?いつから?経済効果は?

プレミアムフライデーが実施されましたね。 プレミアムフライデーという単語だけが先行して、実際に何をしてくれるのか、いつから実施されるのか、どれくらいの経済効果があるのか、実施企業、参加企業はあるのかな …

大曲の花火2017年夏の開催日は?交通アクセス・宿泊ホテル情報

秋田で開催される『大曲の花火』(第91回全国花火競技大会)夏の章が2017年も開催されます! 全国で開催される夏の花火大会の中でも、指折りの人気を誇る大曲の花火!全国各地から観客が集まるほどの熱気に包 …

父の日のプレゼントは焼酎で決まり!名入れ焼酎や定番焼酎を紹介!

父の日のプレゼントを何にしようか?と悩む方々は多いと思います。 「ウチのお父さんはお酒好きだから、父の日に焼酎をプレゼントしよう!」と決めている方もいらっしゃるかもしれません。 ただ、せっかくの父の日 …

父の日にはバラを贈る?色は白?赤?黄色?正解の理由は?

父の日にバラを贈るってご存知ですか? 母の日にカーネーションを贈るということは周知の事実に近いことなのですが、父の日のバラは意外と知られていません。 「母の日」に比べると、梅雨のジメジメした季節の最中 …